本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000545
タイトル平成28年度成果報告書 戦略策定調査事業 農商工連携に向けた技術動向及び市場調査
公開日2017/7/7
報告書年度2016 - 2016
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P99029
部署名技術戦略研究センター
和文要約農林水産業、商工業の発展に向け、農林水産業者と商工業者のそれぞれが有するリソースを活用し、付加価値を生み出す新たなバリューチェーンの構築が求められている。
このため、本調査は、人工知能(AI)、IoT(Internet of Things)、ビッグデータ等を活用した次世代食品エコシステムのモデルや技術課題を抽出すること等を目的として実施した。

調査は以下の手順で行った。
はじめに、AI、IoT、ビッグデータ等を活用した食品エコシステムの現状整理を行った。具体的には、インターネット等の公開情報や文献調査、国内外ヒアリング調査による情報収集を行った。得られた情報をもとに、日本、米国、EU、フランス、イギリス、ドイツ、オランダ、韓国、中国の食品エコシステムの現状を整理し、比較を行うとともに、各国で展開されているAI、IoT、ビッグデータ等を活用した食品エコシステム事例を抽出し、技術体系をまとめた。
次に、食品バリューチェーンの現状ニーズや技術課題を把握するため、小売、外食、農業機械、情報サービス業の事業者に対して個別にヒアリング調査を行うとともに、様々な立場の専門家を一同に集めた検討会議を開催し、意見聴取を行った。得られたニーズをもとに、10の次世代食品エコシステムモデル案を検討し、モデル案ごとに経済価値を試算した。
さらに、次世代食品エコシステムモデル間の相乗効果によって経済価値を効果的に創出できるよう、複数のモデル案を組み合わせ、以下の3つの次世代食品エコシステムモデルを提示した。

1. 気象情報高度分析をベースにした早期マッチングモデル
2. 総合トレーサビリティモデル
3. 海外の消費者の味覚DB・マーケティングモデル

最後に、参考事例や論文・特許の動向調査等を踏まえ、技術を俯瞰したうえで、具体的な次世代食品エコシステムモデルについて整理を行った。
英文要約For the further development of agriculture, forestry, and fisheries industry, commerce, and industry, it is required to construct a value chain that utilizes the resources each of them have and creates added value.
This research was conducted for the purpose of extracting business models and technical issues of the next generation food ecosystem utilizing AI(Artificial Intelligent), IoT(Internet of Things), and big data.

The research was conducted by the following procedure.
Firstly, in order to understand the current state of added value creating food ecosystem which utilize AI, IoT or big data, we gathered information by searching disclosed information and academic documents on the Internet and conducting domestic and international interviews. Based on the information obtained, we organized the information about the current status of food ecosystem in Japan, US, UK, France, Germany, Netherland, China, and Korea, and made a comparison. Afterward, we sorted cases of food ecosystem utilizing AI, IoT, and big data, which have been introduced in each country, and summarized each technical system.
Secondly, we conducted surveys and interviews on business operators from retailers, food service, agricultural machine manufacturer, and information service, in order to understand their current needs and technical issues. Furthermore, we held a review conference with various experts constituting value chain.
On the basis of the understanding of the needs, ten ecosystem models were derived, and the economic value of each was estimated.
Finally, we combined multiple ecosystem models and narrowed down to three models, in order to effectively generate economic value.
The finally presented models are as follows.
1. Matching model based on advanced analysis of metrological information
2. Integrated traceability model
3. Food preference database and marketing model for overseas consumers

We proposed detailed models, based on our overview of technologies and reference cases, search results of academic papers and patents.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る