本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000161
タイトル*平成28年度中間年報 地球温暖化対策技術普及等推進事業/JCMプロジェクト実現可能性調査/タイにおける自動車工場の省エネプロジェクト
公開日2017/8/30
報告書年度2016 - 2016
委託先名東京電力ホールディングス株式会社 株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約平成28年度地球温暖化対策技術普及等推進事業/JCMプロジェクト実現可能性調査/タイにおける自動車工場の省エネプロジェクト

本事業は、東京電力グループが長年国内で培ってきた工場省エネルギー改善のノウハウを、二国間クレジット制度(JCM)を通じて海外展開することにより、日本の優れたヒートポンプ技術等の高効率熱源機技術や、エネルギーマネジメントシステム(以下、EMSという)の技術を普及させ、タイにおける温室効果ガス排出削減に貢献することを目的とする。
本事業は、東京電力グループである東京電力ホールディングス株式会社が中心となって、工場に向けて設備診断と省エネ提案を行う。株式会社三菱総合研究所は本事業に適用可能な方法論を提案する。
平成28年度の成果は以下の通り:

1.タイ政府の省エネルギー政策および気候変動に係わる動向調査
省エネルギー対策の動向や関連する目標、及び気候変動に係わる動向について調査した。

2.省エネルギー化ポテンシャルに関する詳細調査
本調査の対象工場として、2輪車工場、および、自動車部品工場を選定した。各工場とも、工場内のウォークスルー及び現地スタッフとのヒアリングを実施し、工場内の製造プロセス毎のエネルギー消費実態を把握した。その上で、ヒートポンプなどの高効率・高機能熱源機の活用、その他の高効率機器の導入、生産プロセスの運用方法の見直しなど、様々な観点から、エネルギーロスの改善可能箇所を複数抽出した。抽出したエネルギーロス改善可能箇所それぞれにおける、現在のエネルギー消費実態の詳細を定量的に把握するため、現地に計測器を持ち込み、運転データの計測を実施した。2017年2月中旬に設置し、現在計測を継続中である。

3.JCM方法論の開発およびCO2削減量の算定
既存方法論をレビューした上で、方法論及びデフォルト値を検討している。対象技術としてリジェネバーナー、冷温同時型ヒートポンプ、コンプレッサ、空調、ホーニングマシンを取り上げ、それぞれについて、機器代替による効率向上、及びEMSによる効率向上の算出方法を検討した。機器代替についてはリファレンス機器(または在来機器)と新規導入機器の効率差(サービスあたりエネルギー消費量の差)、EMSについてはプロジェクト実施前後でのアウトプットあたりサービスの差について勘案することとした。

4.成果の波及効果とCO2削減技術の普及
JCMを活用した省エネルギー対策のビジネスモデルを検討するため、類似の取り組み事例、関連ビジネスモデルの分析等に関する文献情報を収集し、ビジネスモデルの特徴、JCM適用上の課題等について整理した。
英文要約Intermediate Annual Report Summary

This project is aimed to promote Japanese leading high-efficiency heat source machine technologies such as heat pump technology and Energy Management System (hereinafter referred to as “EMS”), and to contribute to GHG emission reductions in Thailand through Joint Crediting Mechanism (JCM), by overseas deployment of know-how which Tokyo Electric Power Group has accumulated in Japan.
In this project, Tokyo Electric Power Company Holdings, Inc. of the Tokyo Electric Power Group takes a leading role on facility diagnosis and energy conservation proposals to the factories. Mitsubishi Research Institute, Inc. proposes a methodology applicable to the project.
Results of FY2016 are as follows:

1.Study on trends in Thai energy conservation policies and Thailand’s climate change
Trends in Energy conservation measures and climate change and related targets were investigated.

2.Detailed study on energy conservation potential
As target factories, a motorcycle factory and an auto parts manufacturing factory were selected. Walk-through in the factory and interviews with the local staffs were conducted, and the actual energy consumption of each manufacturing process in the factories was assessed. A number of points were selected where energy losses could be improved from various viewpoints, i.e. use of high-efficiency and high-performance heat source equipment such as heat pump, introduction of other high efficiency equipment, review of production operation method. In order to quantitatively assess the current energy consumption details at each selected energy loss improvable point, measuring instruments were installed at the sites in February 2017 and the operation data is now being measured.

3.Development of JCM methodology and estimation of CO2 emission reductions
After reviewing the existing methodology, the methodology and default values were considered. Regenerative burner, chilled/hot water supply heat pump, compressor, air conditioner and honing machine were selected as target technology and the calculation method of efficiency improvement by equipment replacement and by EMS were examined for each technology. It was decided that as for equipment replacement, the difference in efficiency between reference/conventional equipment and newly introduced equipment (difference in energy consumption/service) would be considered, and as for EMS, the difference in services per output before and after the project implementation would be considered.

4.Ripple effects of the results and promotion of CO2 reduction technology
To examine the business model of energy conservation measures using JCM, document information on similar approach cases, analysis of related business models, etc. were collected, and features of each business model and issues on JCM application were sorted out.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る