本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000289
タイトル平成28年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証前調査 農業廃棄物を利用したBDF等普及による省エネルギー実証事業に関する調査
公開日2017/8/30
報告書年度2016 - 2016
委託先名豊田通商株式会社 伊藤工機株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成28年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証前調査 農業廃棄物を利用したBDF等普及による省エネルギー実証事業に関する調査

アブラヤシから生産されるパーム油は、世界で最も多く消費されている植物油脂である。アブラヤシの栽培適地は赤道をはさんで緯度10ー15度の高温多湿の熱帯地域で、東南アジアで多く生産される。パーム油は、他の植物油脂に比べて土地面積当たりの収量が多く生産効率が良いために価格競争力あり、食用油や洗剤および化粧品などの原料、バイオディーゼル(BDF)と呼ばれる軽油代替燃料など幅広い用途があり生産が拡大している。一方で、パーム油の製造過程で大量の廃棄物が発生し、特に搾油廃液 (Palm Oil Mill Effluent:以下POME)は、繊維質・脂質等の難分解性物質を多くを含みCOD濃度が高い。POMEの処理方法は、コストの低いラグーンと呼ばれる広大な解放型の池を用いた方法が多く用いられ、嫌気性発酵により温室効果ガスであるメタンを大量に大気放散し、また悪臭や土壌汚染等など環境上の課題が多い。当グループでは、タイ国において、これらの廃棄物からメタノールを経済的に製造する技術システムの導入を検討した。メタノールはバイオディーゼル燃料(Biodiesel fuel:以下BDF)や、ガソリン燃料のハイオク添加剤(Methyl Tert-butyl Ether:以下MTBE)の基材等に利用でき、天然ガスから製造されるメタノールを代替することで、エネルギー安全保障の強化、温室効果ガス削減が期待できタイ国政府の方針と合致する。また、廃棄物から製造するバイオ燃料は、欧米において、第2世代バイオ燃料として高付加価値で取引されることから、外貨獲得のための有望な輸出製品となりうる可能性がある。当調査では、以下の内容を明らかにした。1.システム実証事業の実施計画 2.省エネ・代エネ効果と温室効果ガス削減効果 3.対象技術の普及可能性
英文要約Title: Research for the demonstration project in energy-saving measures by production and utilization of biofuel such as BDF by using waste biomass in palm oil industry (FY2016) Final Report

Palm oil produced from Elaeis Guineensis is the most widely-used vegetable oil in the world. Elaeis Guineensis is cultivated in East-South Asia which is the high-temperature and humidity tropical area at the latitude of 10 to 15 degrees from equatorial belt. Palm oil has cost competitiveness because it is very high yields per hectare in cultivation compared with other vegetable oil, so it is used widely as food oil, raw material for detergent and cosmetics, and alternative fuels for diesel also, so-called Bio Diesel Fuel (BDF).However, enormous quantities of waste are generated in the palm oil production. Especially, POME (Palm Oil Mill Effluent) has high COD contains lots of organic matter such as fat and fiber, and emit huge volume of methane gas into air by treatment in open-type pond called “lagoon”. Methane gas is strong greenhouse gas and cause global warming. And it raises environmental issues such as fetidness and land pollution also.Our group has considered introduce of a system which produce methanol from those wastes economically in Thailand. Methanol is used as raw materials for biodiesel fuel (“BDF”), additives for high octane petrol (Methyl Tert-butyl Ether“MTBE”). We can expect enhance the energy security and reduce greenhouse gas emissions by replacing with methanol produced from natural gas, and it satisfy Thailand government policy. And also Bio-methanol has a potential to be high value exportable products to European countries as second generation bio-fuel(Waste to Biofuel), and will have opportunity for foreign money earnings. Our research makes clear in the following issue. 1. Implementation plan for system demonstration. 2. Results of energy conservation and alternatives, and reduction of greenhouse gas emissions. 3. Potential of adoption and diffusion of the target technology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る