本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000446
タイトル平成28年度成果報告書 クリーンコール技術開発 石炭利用環境対策事業 石炭利用環境対策推進事業 石炭灰調査事業
公開日2017/8/11
報告書年度2016 - 2016
委託先名一般財団法人石炭エネルギーセンター
プロジェクト番号P16003
部署名環境部
和文要約本事業では、石炭灰の限定された利用方法や有価需要、処分費の高騰および石炭灰処分場の逼迫等のリスクを低減するために、新たな技術開発動向を調査するとともに、既存の有効利用分野の拡大、及び、新たな有効利用先を開拓するために、その技術の適用性やコスト予測等について評価・検討を行った。
1.石炭灰性状調整技術の調査(JIS灰化)
1ー1 JIS灰の有効利用が進んでいる四国地方および大阪圏における生コンクリート工場や地方自治体の取組み状況を調査し、JIS灰有効利用の推進のための要件を取りまとめた。
1ー2 石炭灰の基礎性状分析のうち、火力発電所から副生されるフライアッシュ原粉を気流分級して得た粒度分布の異なるフライアッシュ細粉および粗粉について品質を評価するとともに、細粉を混和したセメントモルタルの流動性を評価した。
2.石炭灰改質技術の調査(高品質化)
2ー1 フライアッシュにおける環境規制対象物質のうち、特に水銀量に着目し、水銀除去技術に関する文献調査を実施するとともに、未燃炭素量の低減技術に関する文献を調査した。
2ー2 ゴミ溶融炉(スラグ)の実態・動向調査
多くが停止に追い込まれているゴミスラグの有効利用を継続している千葉市および盛岡市のゴミ溶融炉についての現場調査を行い、ゴミスラグ化のメカニズムとスラグの有効利用の取組み(ノウハウ)を調査した。
3.石炭灰の有効利用に関する実態調査(対象:平成27年度実績)
3ー1 アンケート調査
電気事業者以外の日本全国の114事業所にアンケート用紙を送付し、そのうち97事業所から回答を得た。石炭灰の発生量、有効利用量、分野別利用量のアンケート集計と実態把握を行った。
3ー2 一般産業事業者(自家発電)からの現地ヒヤリング調査
住友共同電力(株)壬生川火力発電所を訪問し、石炭灰の有効利用についてヒヤリング調査を実施した。
4.海外動向調査
ECOBA国際会議に参加し、日本の石炭灰有効利用状況や取り組み情報を発信し、意見交換を行った。また、ヨーロッパにおける石炭灰の有効利用状況について関係団体VGBにヒヤリング調査を実施した。  
5.成果の普及活動
5ー1 既成灰編ガイドラインの普及活動
本ガイドラインを仕上げ、製本印刷(300部)し、普及セミナーを東京で開催した。
5ー2 既刊の石炭灰混合材料の有効利用ガイドラインの改訂方針検討
委員会を設置して、JCOALにて既に発刊している石炭灰混合材料有効利用ガイドラインの3部作の改訂方針を決定した。
5ー3 石炭灰Q&A集の作成等
委員会を設置して、石炭灰Q&A集、石炭灰調査事業のフォローアップ、石炭灰有効利用に関する中長期ロードマップ作成について、審議・検討を行い、Q&A集を完成した。
英文要約In this project, we have investigated new technological development trends in order to take off limited use of coal fired ash, to create valuable demands and also to reduce risks for high soaring disposal costs. In addition, we have evaluated and examined the applicability of the technology and the cost estimate etc. in order to expand the existing field and to explore new effective use destinations.
1. Survey on coal-ash property adjustment technology (to be standardized with Japanese industry);
1.-1 We investigated the situation of efforts of fresh-concrete factories and local governments in Shikoku region and Osaka area where the effective use of JIS-ash is proceeding and compiled the requirements for promoting effective utilization of JIS-ash.
1.-2 We evaluated quality of fly ash fine powder and coarse powder with different particle size-distribution obtained by air classification of raw fly ash by-produced from a thermal power plant as one of the basic properties analysis of coal ash, and also the fluidity of the cement mortar mixed with fly ash fine powder.
2. Survey on property-reforming technology (aiming for higher quality)
2.-1 Among the substances subject to environmental regulation in fly ash, we focused on mercury content and conducted a literature survey on mercury removal technology, and also investigated literature on technology for reducing unburned carbon quantity.
2.-2 Survey on actual situation and trend of waste melting furnace (slag)
We visited garbage incineration plant with waste melting furnaces in Chiba City and Morioka City which were continuing to make effective use of the waste slag while many local governments stopped such systems. We investigated the mechanism of waste melting and slagging and the efforts (know-how) of effective utilization of slag.
3. Survey on effective utilization of coal ash (for JFY2015 results)
3.-1 Questionnaire method
We sent questionnaires to 114 business sites nationwide except for electric utilities and we got responses from 97 sites. We compiled questionnaires on coal ash quantity, effective usage quantity and usage quantity by field, and grasped actual situation of coal ash utilization.
3.-2 Hearing survey from general industrial business with private power generation
We visited Sumitomo Electric Power Co., Ltd.’s thermal power plant and conducted a hearing survey on effective use of coal ash.
4. Survey on overseas trends
We participated in the ECOBA international conference and disseminated information on the effective use of coal ash and efforts information in Japan and exchanged opinions. We also visited relation group VGB to conduct a survey on the effective use situation of coal ash in Europe.
5. Disseminating activity of our results
5.-1 Disseminating activity for effective utilization of aging coal ash
We graded up content of this guideline and prepared booklet printing (300 copies), and held seminars of dissemination in Tokyo.
5.-2 Policy review on existing guidelines of effective use for coal ash mixture materials
We set up a committee and determined the policy of revising the three sets of guidelines for coal ash mixture material effective use.
5.-3 Creation of coal ash Q & A collection etc.
We set up a committee to deliberate and examine the coal ash Q & A collection, follow-up of the coal ash survey project, and the creation of a medium- to long-term road map on effective utilization of coal ash, and completed the Q & A collection etc.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る