本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000478
タイトル平成28年度成果報告書 「研究開発型ベンチャー支援事業/SUIによる企業化可能性調査等の実施/新規ヒト神経幹細胞を用いた細胞医薬品の開発」
公開日2017/8/30
報告書年度2016 - 2016
委託先名株式会社オリゴジェン
プロジェクト番号P14012
部署名イノベーション推進部
和文要約本事業では概ね目的を達成することが出来たので、引き続き次のフェーズで資金獲得後に細胞バンクの製造及び安全性試験を行う予定。

1.事業化可能性の調査:(担当:株式会社オリゴジェン)
資金調達を容易にするためビジネスコンテストに積極的に参加した。「未来2016」では優秀賞に選ばれ、「J-TECH STARTUP」では認定企業に選出された。このような活動を通じてビジネスプラン及びプレゼンテーションのブラシュアップを行い、10社以上のVCから投資の意向を示された。現在は4社のVCからの協調投資を受けるためのデューデリジェンス中である。
またPMDAとの対面助言相談や厚生労働省医政局との話し合いにより、中絶胎児由来細胞の使用に対する規制が存在しないことを確認した。現在は医政局内で中絶胎児由来細胞の使用に対する議論が行われている。
2.臨床治験用細胞製造の準備:(担当:株式会社オリゴジェン)
臨床治験で使用するための細胞製剤を製造する受託製造業者(CMO)の調査を行なった。米国3社のCMOと国内3社のCMOを選定して、治験用細胞製造準備のために見積もりを取得中。
3.臨床治験用細胞製造のための培地の開発:(担当:株式会社オリゴジェン、筑波大学)
リコンビナント蛋白を使用することにより、細胞の増殖スピードを元の70%以上に維持した状態で、牛血清アルブミンなどの動物由来成分を取り除く事に成功した。
4.培養条件の最適化:(担当:株式会社オリゴジェン、筑波大学)
細胞の増殖スピードを上げるため、酸素濃度や細胞増殖因子や培地成分などの培養条件の最適化を実施した。また、この最適化した条件を用いて動物実験用の細胞を準備した。
5.凍結条件の検討:(担当:株式会社オリゴジェン、筑波大学)
動物由来成分不含培地を用いて細胞の凍結保護剤として使用しているDMSOやアルブミンの濃度を変更することにより、細胞の凍結条件の最適化を行った。現在の最適化された条件では、凍結・解凍後の細胞生存率は最低でも70%をクリアしている。
6.神経幹細胞の様々な条件での発現解析:(担当:株式会社オリゴジェン、筑波大学)
神経幹細胞のマイクロアレイ解析を行い、細胞の増殖、分化、神経疾患に対する候補薬に関連する遺伝子を同定した。
7.神経幹細胞の品質解析:(担当:京都大学)
細胞医薬品製造に向けた細胞医薬品の品質管理のためシングルセル解析を行い、このテクノロジーが細胞の均一性を担保するのに非常に有効である事を確認した。今度はさらに低コストかつ短時間で行える方法の検討が必要である。
8.遺伝子の発現解析:(担当:京都大学)
マイクロアレイによる神経幹細胞の解析データから細胞の維持及びHLA遺伝子発現に関与する遺伝子の同定を行った。
9.神経幹細胞の生体内での分化能の評価:(担当:大阪医科薬科大学)
先天性大脳白質形成不全症のモデル動物であるシバラーマウスを用いて当社の神経幹細胞の分化能を評価し、我々の細胞が生体内で成熟型オリゴデンドロサイトへ分化する事を確認した。
英文要約As we have achieved most of our goals of this project, we will make cell
banks for clinical trials and do pre-clinical studies in the next step
after fund raising.

I. Examination of the possibility of commercialization: (Oligogen, Inc.)
We participated several business contests aggressively to enable fund raising much easier. We received an award for excellence in "Mirai 2016" and were selected as one of authorized companies by "J-TECH STARTUP." Through these activities, we brushed up our business plan and presentation and were offered investment from more than 10 venture capitals. Now, we are in the process of due diligence to receive a syndicate investment from 4 VCs.
We also confirmed that there were no regulations for use of aborted human fetal tissue-derived cells through a consultation woth PMDA and Health Policy Bureau (HPB), Ministry of Health, Labour and Welfare. Now, they are discussing regarding to the usage of aborted human fetal tissue-derived neural stem cells in HPB.
II. Preparation for the manufacturing of cell products for clinical trials: (Oligogen, Inc.)
We searched Contract Manufacturing Organizations (CMOs) for manufacturing our products. We selected 3 CMOs in US and 3 CMOs in Japan and are getting estimate to prepare for clinical cell production.
III. Development of culture media for manufacturing cells for clinical use: (Oligogen, Inc., Tsukuba University)
We succeeded in eliminating animal components like bovine serum albumin using recombinant proteins keeping cell proliferation speed at more than 70% with original media.
IV. Optimization of cell culture condition: (Oligogen, Inc., Tsukuba University)
We have optimized cell culture conditions like oxygen concentration to increase cell proliferation speed. In addition, we prepared cells with this condition for animal studies.
V. Examination of cell freezing condition: (Oligogen, Inc., Tsukuba University)
We optimized cell freezing condition by testing various DMSO concentrat ion and albumin concentration, which are used as cell protectants, with animal component-free media. With this optimized condition, cell viability after freezing and thawing was more than 70% at worst.
VI. Expression analysis of neural stem cells in various conditions: (Oligogen, Inc., Tsukuba University)
We performed expression analysis of our neural stem cells in various conditions and detected related genes to proliferation, differentiation, and drug candidates for neurological disorders.
VII. Quality analysis of neural stem cells: (Kyoto University)
We performed single cell analysis for quality analysis toward manufacturing our cell therapy product and confirmed that this technology was very effective to assure uniformity of cells. In the future, we have to examine other studies that can be performed more quickly and at lower cost.
VIII. Microarray analysis of transcriptome: (Kyoto University)
We performed microarray analysis of neural stem cells and detected genes related to cell maintenance and HLA gene expression.
IX. Evaluation of in vivo differentiation potential of our neural stem cells: (Osaka Medical and Pharmaceutical University)
We evaluated a differentiation function of our neural stem cells using shiverer mice that is used as a model of congenital demyelinating diseases and confirmed that our cells differentiated into mature oligodendrocytes in vivo.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る