本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000511
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 水素利用技術研究開発事業 水素ステーション安全基盤整備に関する研究開発 水素社会構築に向けた社会受容性調査
公開日2017/8/29
報告書年度2015 - 2016
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P13002
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成27年度ー平成28年度成果報告書 水素利用技術研究開発事業 水素ステーション安全基盤整備に関する研究開発 「水素社会構築に向けた社会受容性調査」

本調査は、水素ステーションのより一層の普及拡大に向けて、水素に関連するインフラの社会受容性の向上に資する提案を行うことを目的として、国内外の取り組みやtwitterなどのインターネット上での発言に対する調査を行うとともに、一般市民の水素に対する認識や意見に対するアンケート調査を実施した。
 アンケート調査は2016年10ー11月に、水素ステーションがある都府県において、成人の男女を対象に実施した。回収率は52.5%、有効回答数は1,004であった。サンプリング及び調査手法については、層化二段無作為抽出(エリアサンプリング)、訪問留置法を採用した。水素に対するイメージとしては、「きれい(クリーン)」と回答した回答者が多い一方、「危険」についてはばらつきが大きい。水素利用によって化石燃料への依存を減らすことや地球温暖化の解決への貢献などに期待が寄せられ、「正しく使用すれば他の燃料と同様に安全に使える」という認識を持つ回答者が多いが、「コストが高くても再エネを使って作るべき」という意見は多くない。水素ステーションの建設には半数以上の回答者が「(どちらかといえば)良いと思う」と賛成方向の意見を持つが、「どちらともいえない」と態度を保留した回答者が3割であり、反対方向の「(どちらかといえば)問題だと思う」との回答が1ー2割であった。
 水素ステーションのさらなる普及にあたっては、国民の正しい理解に基づいた賛成がその後押しとなると考えられることから、水素ステーションのみならず水素エネルギーや水素利用技術に関する情報提供(さらには双方向のコミュニケーション)を引き続き行っていくことは非常に重要である。その中で、「なぜ日本で水素の利用が必要なのか」、「水素を利用することのメリットとデメリットは何か」といった根本的な質問への回答も用意しておくことが求められる。
 すでに水素ステーション事業者が行っているような、適切なタイミングでの透明性の高い情報提供は地域住民との信頼関係を構築し保持していくためにも重要であるが、事業者に過度な負担を強いることのないよう、他の地域でのコミュニケーション事例を共有する仕組みが役に立つと考えられる。また、一般市民から得られる懸念の多くは事故に関するものであり、想定される事故とそれに対応する対策のわかりやすい説明は非常に重要である。さらに、水素供給利用技術協会(HySUT)が挙げている「トラブル事前予測システム」などが実現できれば、特に想定外の事故低減につながるとともに、一般市民の懸念を減らすことにも大いに貢献すると考えられる。
英文要約Title: Development of Hydrogen Utilization Technologies/ Research and Development of Technologies to Ensure Hydrogen Refueling Station Safety/ Survey of public acceptance on hydrogen society (FY2015-2016) Final Report

This survey aims to provide proposals that help enhance public acceptance of hydrogen infrastructure for further deployment of hydrogen stations across Japan. In this context, we analyzed information about domestic and global hydrogen policies and the public opinions through the Internet (e.g. Twitter). We also conducted a questionnaire survey for analyzing public perception and recognition about hydrogen.
The questionnaire survey was carried out from October to November 2016 using stratified two-step sampling (area sampling) and direct-visit and self-completion methods, targeting male and female adults living in prefectures where hydrogen stations are already in operation. Of which, 1,004 people responded to the questionnaire (response rate: 52.5 %). The result shows that many respondents think hydrogen is “clean” but their impressions of “hazardous” vary greatly. Many respondents think “Hydrogen can be used safely like other fuels if handled correctly” with high expectation that hydrogen energy will help reduce fossil fuel dependency and in turn mitigate global warming. But they are less in favor of “Hydrogen should be produced by using renewable energy even if the costs are higher”. As for hydrogen station construction, over 50 % of respondents show positive attitudes (“Slightly agree”), about 30 % show unclear attitudes (“Neither”), and 10 % - 20 % show negative attitudes (“Maybe it seems problematic”).
Public acceptance based on correct knowledge is the key driver for further deployment of hydrogen stations. Therefore, it is important to continue providing appropriate information about hydrogen energy and its related technologies such as hydrogen stations preferably through mutual communication with the public. Answers should always be available for basic questions like “Why we need hydrogen energy in Japan” and “What are the pros and cons of hydrogen energy.”
Hydrogen station operators have made efforts to develop and maintain trustful relationships between local communities by providing them with clear information at the right time. This approach is very effective but sometimes entails extensive burden on the operators. We recommend developing a platform that helps the operators to access practical know-how and successful cases. One of the main public concerns is about accidents, so providing clear explanations of possible accidents and their countermeasures are also important. If the “Trouble Forecast System” suggested by the Association of Hydrogen Supply and Utilization Technology (HySUT) is realized, unexpected accidents can be reduced, which helps relieve public concerns.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る