本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000649
タイトル平成28年度成果報告書 水素利用技術研究開発事業 燃料電池自動車及び水素供給インフラの国内規制適正化、国際基準調和・国際標準化に関する研究開発 水素ステーション等機器の国際標準化動向に関する検討
公開日2017/8/11
報告書年度2016 - 2016
委託先名一般社団法人水素供給利用技術協会
プロジェクト番号P13002
部署名新エネルギー部
和文要約「水素利用技術研究開発事業/燃料電池自動車及び水素供給インフラの国内規制適正化、国際基準調和・国際標準化に関する研究開発/水素ステーション等機器の国際標準化動向に関する検討」平成28年度成果報告書

1.サブテーマ1:ISO 等国際標準の制定動向調査
水素ステーション機器に関連する国際標準化活動である ISO TC197 について、国内委員会活動の充実化、日本主導の国際標準化の推進、国際会議への有識者派遣、関係団体との連携 を重点項目とし、一連のサイクル(国際会議で国際規格の制定動向を調査 →国内委員会での日本意見まとめ → 国際会議で反映を図る)で活動した。
・WG24(水素ステーション)は、水素ステーション(以下、水素 St)に関する総合規格になる ISO19880-1 の制定を目指し、委員会原案(以下、CD)改訂版に向けて日本意見の反映を図った。 また、中間成果として技術仕様書 ISO TS19880-1 が2016年 7月に発行された。
・日本が Convener を務める 4つの WG では、WG19(水素 St 用ディスペンサー)と WG20(水素 St 用バルブ類)は、国際会議を各 1回開催し、国際規格案(以下、DIS)発行の準備段階に進めた。 WG27(水素燃料仕様)と WG28(水素品質管理)は、国際会議を各 2回開催して、WG27 は CD、WG28 は DIS の発行段階に進めた。
・WG22(水素 St 用ホース)は、3回の国際会議の中でホースの寿命評価法等を日本から提案し、日本案がベースになった CD が発行された。現在は CD 改訂版の発行に向けて準備が進められている。
・WG21(水素 St 用圧縮機)と WG22 の国際会議を 2017年 2月に日本で開催し、日本の商業水素 St の訪問調査 などで海外委員に日本の水素 St に関する技術知見・経験レベルの高さをアピールした。
・他の WG(WG15, 17, 23, 25, 26)も、国際規格案の審議に合わせて国内委員会を開催し、日本の国際対応方針を確認した。 また、2017年 1月末に水素エネルギー技術標準化委員会を開催し、国内外の委員会、関係団体の活動を総括し、今後の日本方針を確認した。
・12月開催の ISO TC197 総会と 9つの併催国際会議に出席し、国際規格の各論に止まらず、WG 間の連携、水素 St の普及、技術課題の議論を行い、国際規格の制定動向の調査、日本からの発表、意見の表明をおこなった。

2.サブテーマ2:ISO 等国際標準と国内技術等との比較調査
ISO TC197 において策定された水素 St に係る 11の国際規格の活用状況、国内規格との関係、国内技術との関係を調査した。
活用状況については、世界統一基準として用いられていたり、他 ISO に引用されていたり、EU 規格が整合を取る予定等、活用されている例が 6 と過半数を占めている(ISO 16111"水素吸蔵合金容器",26142"水素検知器",17268"水素充填コネクタ",14687-2"燃料電池車用水素燃料仕様",14687-3"定置式 PEFC 用水素燃料仕様",19880-1"ガス状水素-給油所-一般要求事項")。
一方で、高圧ガス保安法などの国内法が国際規格に優先されるケース(ISO 16110-1&2"改質器",26142,22734-1&2"水電解水素製造装置",TS19880-1"水素 St")があり、国際規格に対する国内規格の反映や整合が今後の留意点と考えられる。
英文要約Research and survey for the development item "hydrogen utilization technology-National regulations optimization of the FCV and hydrogen supply infrastructure-International standardization trends of hydrogen station equipment on international harmonization and international standardization

(1) Sub-theme 1: Survey for ISO international standardization movement of Hydrogen fueling stations

HySUT has organized domestic committees for hydrogen technologies related to ISO TC197 "Hydrogen technologies" gathering Japanese experts.

The main WG activities are shown below (the WG number, content, ISO document number, international conference number, ISO document stage).

WG24, "Fueling stations - General requirement" , 2 times, ISO 19880-1, second CD
WG24 published the technical specifications: ISO TS 19880-1 as their middle result in July, 2016.
WG19, "Fueling stations : Dispensers", ISO 19880-2, 1 time, DIS
WG20, "Fueling stations : Valves", ISO 19880-3, 1 time, DIS
WG27, "Hydrogen Fuel : Product Specification", ISO 14687, 2 times, CD
WG28, "Hydrogen Quality Control", ISO 19880-8, 2 times, DIS
WG22, "Fueling stations : Hoses", ISO 19880-5, 3 times, second CD

HySUT hosted Japan international meeting of WG21 "Fueling stations : Compressors" for ISO 19880-4 and WG22 in February, 2017.

HySUT also held a steering committee of hydrogen technologies on January, 2017 and the activities of 15 domestic committees were summarized and reviewed.

HySUT organized Japan delegation by Japanese experts to attend ISO TC197 Plenary meeting and related nine international meetings.

(2) Sub-theme 2: Comparative survey between international standards such as ISO and domestic technologies

HySUT checked eleven international standards of TC197 for gaseous hydrogen, about utilization, relation with domestic regulations and relation with domestic technologies.
In utilization, six standards of eleven are observed to be adopted as common world standard, to be referred by other ISOs, to be harmonized by EU standards:
ISO16111, ISO26142, ISO17268, ISO14687-2, ISO14687-3, ISO TS19880-1

On the other hand, it is difficult for some standards to be utilized domestically because other domestic standards are adopted with higher priority:
ISO16110-1 & 2, ISO TS19880-1

Reflection and harmonization of domestic standards for the international standard are regarded as future points to keep in mind.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る