本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000749
タイトル平成28年度成果報告書 次世代人工知能・ロボット中核技術開発 次世代人工知能・ロボット中核技術開発に関する知財戦略の検討
公開日2017/8/30
報告書年度2016 - 2016
委託先名株式会社古賀総研
プロジェクト番号P15009
部署名ロボット・AI部
和文要約国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)は「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」プロジェクトを平成27年度から5年間の予定で推進している。そこで開発される技術は社会実装されるとともに、世界に先駆けた魅力ある製品・サービスを実現し、以って日本の産業の振興に寄与することを目標としている。そのためには、知的財産権に裏付けられた技術開発が重要となる。そのために、知的財産戦略(以下、知財戦略)の立案を検討している。本年度はロボット技術を取り上げ、現在進行中の18の開発テーマ(センシング技術3テーマ、アクチュエーション技術9テーマ、ロボットインテグレーション技術6テーマ)、および13の調査・先導研究テーマに関して特許調査を行い、それを元に知財戦略立案の検討を行った。特許調査としては、(1)開発中の技術およびその周辺・競合技術に関する特許動向を踏まえて特許網の強化策および研究戦略との連携を検討するための広域調査と(2)現在開発中の技術の特許化を検討するためのテーマ調査とを行った。                                      
特許の調査対象国としては、ロボット関連の特許出願が多い日本、米国、欧州、中国、韓国とし、調査期間としては、ロボット関連特許出願が多くなった2000年から調査日までとした。(1)広域調査では、技術分類表を用いて当該の特許を分類し、広域調査マップを作成して、出願動向を明確にした。技術分類を表す技術分類表は、通常2つの異なる観点からなる区分である縦軸と横軸からなる2次元マップとして表現する。開発テーマの特徴および技術分類表の目的(何を知るための技術分類表か)から、縦軸と横軸の区分を決める。区分としては、構成要素(開発対象物の構成要素)、解決技術(競合技術を含む)、技術要素(材料、プロセス等の技術分野)、分析軸(課題・目的、応用等)などが想定される。技術分類表により関連特許の分類を行い、その分布状態から重点的に特許出願をしている分野とそうでない分野を明確にする。それを元に、今後重要となる分野を明確にし、研究開発戦略と連動する形で知財戦略立案を検討する。(2)テーマ調査では、特許化したい技術を明確にし、その先行技術を調査して、特許化の可能性を明確にした。先行技術調査の調査対象となる特許母集団は、広域調査時に作成した母集団を用いることを原則としたが、調査対象技術がより具体的になっている場合あるいは広域調査と異なる視点が必要な場合は、別の検索式を用いて母集団を作成した。抽出した母集団に対して、各特許を目視で精査し、調査対象技術との類似点を確認し、新規性・進歩性の評価を行った。また、必要に応じて、特許化の可能性に対する提言も行った。
英文要約Development of the key technologies for the next-generation artificial intelligence/robots: Study of the intellectual property strategy for the next-generation artificial intelligence/robots (FY2016) Final Report

New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) is deploying the project of “Development of the key technologies for the next-generation artificial intelligence/robots” for 5 years since 2015. It is our goal that the technologies to be developed will be contributed to the promotion of the Japanese industry. It is important to discuss the strategy of the intellectual properties (IP strategy) and develop the technologies with the strong intellectual properties. The robot technologies under the development has been selected this year for the patent survey and the IP strategy discussion. There are the ongoing 18 development projects (3 projects in the sensing technology, 9 projects in the actuation technologies and 6 projects in the robot integration) and 13 survey/preliminary studies. The following studies has been done:(1)the wide-range study to strengthen patent portfolio, (2)the theme study to evaluate the patentability for the specific developing technologies. The countries to be investigate are Japan, US, Europe, China and Korea because there are many patent application related to the robot technologies in these countries. The period to be investigate is after the year of 2000 because the patent application related to robots is increased after the year of 2000. (1)In the wide-range study, patents are classified into the classification table. The classification table shows the patent application trend. The classification table is a two-dimensional map consisting of a vertical axis and a horizontal axis. Each axis is usually a classification from two different perspectives. The classification for a vertical axis and a horizontal axis are selected considering the feature of the technology and the purpose of the classification table. The classifications which may be used are components, solution technologies including competitive technologies, technology field (materials, process, etc.), analysis axis (issues, purpose, applications, etc.), etc. Patents are classified into the classification table, the distribution of which shows the patent application trend. With this classification table, the important area in the future can be identified and IP strategy can be established in conjunction with R&D strategy. (2)In the theme study, 1) the technologies to be patented are identified, 2) the prior arts are investigated, and 3) the patentability is discussed. Basically, the patent population for investigation should be the same as for the wide-range study, but the different population was created using another search formula for the following cases: 1) the technology is identified more clearly, or 2) it is necessary to investigate patentability from the different perspectives. For each extracted population, each patent was visually inspected, the similarities with the target technology were checked, and the novelty/inventive step was evaluated. The suggestion for patentability was made if necessary.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る