本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000787
タイトル*平成28年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/省エネルギービル実証事業(中国・上海)
公開日2017/8/29
報告書年度2016 - 2016
委託先名株式会社安井設計事務所 三機工業株式会社 パシフィックコンサルタンツ株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約<実証事業の内容及び成果等>
・省エネ設備導入の対象建物である上海高等研究院幹細胞研究棟は、平成27年12月
 より建物建設工事が着工しており、平成29年6月頃竣工予定である。
・導入される省エネ設備機器の詳細仕様の確定、機器の製作、工場検査・検品を
 行った。
・日本から輸出される省エネ設備のうち、昨年度に先行輸出していた地中熱回収配
 管以外の輸出業務を行った。本事業の過半の設備は、中国における教育・研究関
 連機器の免税対象となるため、免税書類の作成を行った。輸出は、免税区分に従
 い、6つのグループに分けて行われた。
・輸出された設備は、建物建設工事に合わせて、順次据え付けされる。施工はカウ
 ンターパート側で行われるため、施工に必要な要領書の作成を行った。本年度は 大型機器であるターボ冷凍機、熱回収ヒートポンプ、除湿空調機等の現地での搬
 入・組立・据付工事が行なわれ、その立ち会い作業指導を行った。
・省エネ制御設備(熱源・空調機等の自動制御設備、BEMS、スマートタップ、 NETLED)については、建物の工事と並行して施工者選定用の発注図書の作
 成が行われ、その設計図を作成した。
・本実証事業で導入した省エネルギー設備のPRのため、本建物のエントランス
 ホールおよび別棟の展示ホールに、実証事業内容と省エネルギー成果のリアルタ
 イム表示を行うPRモニター設置を計画し、その詳細画面作成を行った。
英文要約Title:International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy and System Demonstration Project,Energy-saving Building Demonstration Project (Shanghai, China),(FY2013-2017) FY2016 Annual Report

Contents and result of demonstration project

・Construction of the target building started from December 2016. This physical year we carried out export business of energy saving equipment, which exported from Japan.
・Of the exported equipment, we instructed on-site installation of large equipment such as centrifugal chiller, heat recovery heat pump and air-conditioning equipment etc.
・For energy-saving control facility-related work, design drawings were prepared for construction agent selection in parallel with construction work, and a design drawing was created.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る