本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000796
タイトル平成28年度成果報告書 戦略策定調査事業 バイオエコノミーの現状分析とスマートセルが変える未来像に関する調査
公開日2017/8/29
報告書年度2016 - 2016
委託先名株式会社三菱化学テクノリサーチ
プロジェクト番号P99029
部署名技術戦略研究センター
和文要約バイオエコノミー*の現状分析とスマートセル**が変える未来像に関する調査

 政策調査、技術調査、市場調査等により、我が国が置かれた状況を客観的に捉え、今後重点化すべき重要分野、重要技術領域を特定することにより、モノづくり、医療ヘルスケア、食品・農林水産等の3分野の未来像の予測シナリオを各々描き、バイオエコノミーの将来性及び市場への波及効果について検討することを目的とした。
 政策調査の対象国は、バイオエコノミー関連政策のある24か国及びEUとし、欧州12か国(イギリス、ドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、イタリア、スペイン、フィンランド、オーストリア、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー)及びEU、南北アメリカ/太平洋/アフリカ5か国(米国、カナダ、ブラジル、南アフリカ、オーストラリア)アジア7か国(日本、中国、マレーシア、シンガポール、インド、タイ、インドネシア)である。
 技術調査は、近年進歩が著しいゲノム編集技術、塩基配列決定技術、合成生物学の3分野について特許出願(登録)件数推移及び比率、論文発表件数推移及び比率等について、日米欧中韓で比較解析を行った。
 市場調査は、モノづくり、医療ヘルスケア、食品・農林水産等の3分野について、総務省、財務省、経済産業省、農林水産省、厚生労働省の各種統計資料、報告書等に基づき調査し、各々の市場規模と周辺産業、環境への波及効果についても併せて調査した。

*)バイオエコノミー:バイオ資源(酵素、微生物、細胞、植物、動物)を利用したモノづくり、バイオ資源そのものを利用する(食品、エネルギー)、バイオテクノロジーを利用する経済活動、産業全体を意味する。
**)スマートセル:高度に機能がデザインされ、機能の発現が制御された生物(細胞)を指し、合成生物学をベースとした発酵生産的な意味合いを持つが、バイオテクノロジーによるモノづくりだけでなく、最新技術そのものも含めている。

英文要約The analysis on the current situation of bioeconomy* and the future vision created by Smart Cell**.

The purpose of this study is to predict the future scenario on the three sectors, which are material production sector, healthcare sector and food, agriculture, forest and fisheries sector, by using the result of policy research, technology research and market research. The scenario will be helpful for the evaluation of the future possibilities in bioecconomy and the spillover effect to the market.
  Intended countries for policy research are the countries having bioeconomy related policies(24 countries) and EU. Those are 12 European countries such as Great Britain, Germany, France, Holland, Belgium, Italy, Spain, Finland, Austria, Denmark, Sweden, Norway and EU, the Americas, Oceania and Africa such as USA, Canada, Brazil, South Africa, Australia and 7 Asian countries such as Japan, China, Malaysia, Singapore, India, Thailand and Indonesia.
As for the technology research, 3 technologies such as genome editing tools showing rapid progress recently, sequencing techniques and synthetic biology have been studied by investigating the trends of the number of patent application and the output of research article publication in terms of the comparison between Japan, USA, Europe, China and Korea.
As for the market research, the current market sizes relating to the field of material production sector, healthcare sector and food, agriculture, forest and fisheries sector have been studied on the basis of various kinds of statistical information and reports provided by Ministry of Internal Affairs and Communications, Ministry of Finance, Ministry of Economy, Trade and Industry, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan and Ministry of Health, Labour and Welfare. And also the ripple effect to the peripheral industries and the environment has been studied.

*)bioeconomy: The bioeconomy comprises those parts of the economy and the industries that use biotechnologies and biological resources such as enzymes, microorganisms, cells, plants and animals to produce materials, food and energy.
**)Smart Cell: Smart Cell means the living organisms and cells that are designed high functionally and the expression of those function is well controlled. Though Smart Cell has implications related to microbiological production based on synthetic biology, Smart Cell encompasses not only the production using biotechnology but also cutting edge biotechnology itself.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る