本文へジャンプ

データベース/ツール

日射量データベースやメガソーラ建設支援ツール、日本における風力発電設備・導入実績、バイオマス賦存量・利用可能量の推計 GISデータベースなどのデータベース/ツールをご利用できます。

太陽光

年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)、年間時別日射量データベース(METPV-11)、全国日射量マップがご利用になれます。
【担当部:新エネルギー部】
平成18年度から平成22年度の5年間にわたり、稚内サイトと北杜サイトにおいて、国内最大級のメガソーラ発電所を構築し、系統安定化技術等の開発のための実証研究に取組み、先駆的な知見を獲得し集積してきました。本手引書及び検討支援ツールは、これらの知見を基に計画から設計・施工・検査・運用までの一連の手順・スケジュールのポイントを集約したものです。
【担当部:スマートコミュニティ部】

風力

気象庁から収集した「風況データ」と、全国を対象に500mメッシュで解析した「風況マップ(地上高30・50・70m、年平均風速)」、風向や風速の出現頻度を示した「風配図」等を掲載しています。
【担当部:新エネルギー部】
日本国内における風力発電設備の導入・撤去に関して、年に一度導入実績調査を行っています。国内にある単機出力10kw以上の系統連系されているすべての風力発電設備を対象として、各電力会社からの聞き取り調査による情報を集計し、毎年3月末時点の導入実績として公開しています。
【担当部:新エネルギー部】
本システムは数値気象予報データ、ウィンドファームにおける風速及び発電出力のオンライン実測データを入力値とし、発電出力予測値、同実績値及び出力予測値に対する信頼区間値をWebブラウザ上で閲覧する環境を提供するシステムです。(平成17年度-平成19年度「風力発電電力系統安定化等技術開発-気象予測システム-」)
【担当部:新エネルギー部】

バイオマス

各種バイオマスの資源量等に関するデータを、インターネットを通じて試験的に提供しています。 国内各地域における各種バイオマスの賦存量を数値として把握していただくことができ、国内の総賦存量・利用可能量に対する各地域のバイオマスの賦存量・利用可能量を把握した上でエネルギー利用に関する議論をしていただくことができます。
【担当部:新エネルギー部】

最終更新日:平成26年4月14日