本文へジャンプ

「民間主導による低炭素技術普及促進事業/低炭素技術による市場創出促進事業(実証事業)に向けた情報提供依頼」実施のお知らせ

平成30年5月16日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、途上国等における「民間主導による低炭素技術普及促進事業/低炭素技術による市場創出促進事業(実証事業)」の実施に当たり、本事業で取り組むべき課題を収集することを目的として、情報提供依頼(RFI:Request for Information)を実施します。

概要

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)では、途上国等で先駆性があり高付加価値化・最適化を図ることのできるICT等の先端技術等を利用して、費用対効果が高く、排出削減量を定量化することができる事業を実施し、並行して相手国における当該技術・システムの普及促進に資する政策との連携や制度整備支援を国と連携して取り組むことで、我が国の低炭素技術・システムの普及拡大を図ることを目指しております。

このため、「民間主導による低炭素技術普及促進事業/低炭素技術による市場創出促進事業(実証事業)」の実施に当たり、本事業で取り組むべき課題を広く収集するため、情報提供依頼(RFI:Request for Information)を行います。

なお、本RFIは、低炭素技術による市場創出促進事業(実証事業)を実施する際の課題設定の検討等に活用させていただくものであり、事業そのものの募集を行うものではありません。

•技術分野の例

(必ずしも以下の技術分野に限るものではありません。)

地球規模での温室効果ガス排出削減・吸収に寄与し、我が国が相手国側と協力しながら、優位性を発揮し得るエネルギー起源の低炭素技術として、再生可能エネルギー等非化石エネルギーの大規模導入、電力システムの安定化のためのアンシラリーサービス及びその関連事業、各産業分野での高度化制御による操業効率化・最適化・省エネ化等、海外での新たな市場の創出や需要の獲得(成熟した市場への後発的参入は除く。)の可能性があり、今後も大きな排出削減ポテンシャルが期待できる技術・システムを重視します。

応募方法

RFI情報提供書(詳細資料の様式参照)に必要事項を記載の上、電子メールで下記アドレスに送付してください。なおRFI情報提供書は年間を通じて提出いただけます。

提出先:askjcm@ml.nedo.go.jp

詳細資料

参考リンク先

お問合せ先

国際部 地球環境対策推進室

担当者:小林、遠山、坂田

FAX:044-520-5196

E-MAIL:askjcm@ml.nedo.go.jp

Word Viewerを入手する