本文へジャンプ

Press Release

名古屋大学天野浩教授のノーベル物理学賞受賞のお祝い―理事長談話―

2014年10月7日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

明るい・省エネルギーの白色光を可能にした、青色発光ダイオードの発明によって、2014年のノーベル物理学賞を受賞された名城大学赤崎勇教授、名古屋大学天野浩教授、米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校中村修二教授に心からお祝い申し上げます。

現在では当たり前のように使われている青色発光ダイオードですが、世界の消費電力の大幅な削減に寄与するものであり、また高輝度なディスプレイやブルーレイディスクなどの開発を可能にするなど産業分野に与えた影響も計り知れないものです。

NEDOは、今回受賞の契機となった青色発光ダイオードの成果を活用し、LED照明等のプロジェクトを通じて実用化を支援してまいりました。特に天野教授にはプロジェクトリーダーとして、LEDの基板となる窒化ガリウム(GaN)結晶について、均一性が高く、高品質な結晶成長技術の確立に尽力いただきました。現在この成果は、更なるLED照明の高輝度、高演色性(色合い)を実現するGaN基板の開発や、さらに次世代のパワー半導体としての適用も見据えた高耐圧GaN基板の開発に繋がっています。

また、NEDOが進めている革新的超高効率太陽電池の開発においても、天野教授が開発したGaN結晶成長技術が活かされております。

赤崎教授、天野教授、中村教授、三氏の受賞を心からお祝いするとともに、NEDOとしても引き続き、本分野の技術開発や実用化に向けて貢献してまいります。

(参考)本受賞者に関係する主なNEDO関連プロジェクト

的確さを欠く表現がありましたので、平成27年2月20日付で訂正いたしました。謹んでお詫びいたします。