本文へジャンプ

Press Release

自動運転・隊列走行の研究開発を開始

― ITを活用した「世界一やさしいクルマ社会」を目指して ―
2009年1月16日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 村田 成二
 NEDO技術開発機構は、運輸部門のエネルギー・環境対策として、省エネルギー効果の高いITS※1の実用化を促進するため、2008年度よりエネルギーITS推進プロジェクトを開始しました。今後5年間で、自動運転・隊列走行の要素技術確立と、国際的に信頼されるCO2削減効果評価方法の確立を目指します。
 なお、2010年度および2012年度には、自動運転・隊列走行の走行実験を行います(2010年度に実施する隊列走行の走行実験は、新東名※2の未供用区間で行う予定です)。



1.研究開発の背景

 我が国から排出される二酸化炭素の約20%は自動車から排出されており、自動車交通における省エネルギー対策がますます重要な課題となっています。
 経済産業省がまとめた「次世代自動車・燃料イニシアティブ」の報告書(2007年5月)では、方策の一つとして「世界一やさしいクルマ社会構想」を掲げ、ITSをキーとした低炭素社会の実現を提唱しており、同省の「自動車の電子化に関する研究会」では、省エネルギーに資するITSの技術開発プログラムとして「エネルギーITS構想」を提案しています。また、総合科学技術会議の社会還元加速プロジェクト「情報通信技術を用いた安全で効率的な道路交通システムの実現」では、渋滞に伴う損失や環境負荷を大きく低減し、物流コストの大幅な縮減を図ることを目標として掲げており、エネルギーITSは目標達成のための重要な施策と考えられています。

2. 研究開発の概要

NEDO技術開発機構は、運輸部門のエネルギー・環境対策として、省エネルギー効果の高いITSの実用化を促進するため、2008年度より「エネルギーITS推進事業」を開始しました。2012年度までの5年間で、以下の研究開発を実施します。
  1. 協調走行(自動運転)に向けた研究開発
      車両や道路環境などが同一の条件で走行しても、アクセルワークや変速などの運転操作次第で20%以上の燃費改善がみられるため、エコドライブが推奨されています。また、大型車の高速走行ではエネルギー消費の4割以上が空気抵抗であり、複数車両を機械連結し、中間車両の走行エネルギーを大幅低減した機械連結車が、豪州や米国ですでに実用化されています。
      一方、我が国では、将来構想として渋滞解消(=CO2排出量低減)に効果が出る交通容量の拡大のため、超小型車両の協調走行による車群走行等も従来から提案されています。
      本研究開発では、鳥や魚の群れのようにお互いに協調しながら高密度で走行するクルマ社会を将来像として見据えた上で、エネルギー消費低減のための自動運転・隊列走行の技術開発を行います。2010年度には自動運転・隊列走行のプロトタイプ実験車で走行実験を行い、基本技術の機能・性能を確認します(隊列走行の走行実験は、新東名の未供用区間で行う予定です)。また、2012年度には安全性や信頼性・性能の向上を図った実験車で公開実証実験を実施します。
    • 自動運転システム
      安全性向上とCO2大幅削減の両立を目指した次世代自動車交通システムを実現するための自動運転技術を開発します。他の車や歩行者が混在する一般道路で、障害物を避けながら自律的に走行すると共に、エコドライブの自動化や最適経路誘導による省エネ走行を可能とします。
    • 隊列走行システム
      高効率な幹線物流システムを実現する自動隊列走行技術を開発します。車間距離を詰めることによる空気抵抗の低減やエコドライブの自動化等により、省エネ走行を可能とします。先頭車両のみドライバを乗車させ、電子的に接続した3台連結の隊列走行を実現します。

    図
    自動運転・隊列走行の主要技術

    <主要技術の概要>
    • 走行制御技術:
      走行位置情報および3次元道路地図を利用して、エンジン出力、ブレーキおよびハンドルを高精度に制御するための技術を開発します。
    • 走行環境認識技術:
      道路白線・車両・歩行者等を認識するアルゴリズムと、自車両から対象物までの距離・方位を高精度に検出する技術を開発します。
    • 位置認識技術:
      路側構造物を含む3次元道路地図、GPS等による走行位置および走行すべき軌跡生成等の技術を開発します。
    • 車間通信技術:
      車両制御情報や隊列管理情報等を車両間で情報交換するための、信頼性の高い通信技術を開発します。
    • 省エネ運転制御技術:
      優秀なエコドライバをモデル化した運転制御アルゴリズムと、CO2排出量が最小となる経路の生成アルゴリズムを開発します。
  2. 国際的に信頼される効果評価方法の確立
      渋滞対策など、エネルギーITSの各種施策を適切に運用していくためには、道路交通の状況を可能な限り把握するとともに、各種施策がCO2削減にどれほど寄与したかを計測していく必要があります。さらに、その結果をサービスの改良や適用場所の選定等に生かしていくことも重要です。また、ITS技術によるCO2削減効果の定量評価は、京都議定書での削減効果達成度合いを示すことにおいても有効であり、国際的に信頼できる評価方法を用いることが必要です。
      このため、本研究開発では国内外の関係者とすり合わせを行いながら、都市圏ネットワークから地域道路ネットワークまでを考慮可能なハイブリッドシミュレーションによる交通流の推定や、車両からのCO2排出量の推計、プローブによるCO2排出量のモニタリング等の技術開発およびCO2排出量推計技術全体の検証を行い、国際的に信頼される評価方法を確立します。

    • 1 ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)
    • 2 新東名: 中日本高速道路(株)が建設中の第二東名高速道路

3. お問い合わせ先

NEDO技術開発機構 省エネルギー技術開発部 岩井、山岸
TEL:044-520-5281