本文へジャンプ

Press Release

太陽熱発電に関するチュニジアとの共同プロジェクトのFSを開始

―世界初の大規模太陽熱発電システムの国際共同実証―
2010年7月23日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 村田 成二
日本とチュニジア両政府は、チュニジア国内で太陽熱発電に関する共同プロジェクトを実施することで合意、7月23日にNEDOとチュニジア開発・国際協力省と産業技術省、STEGER※1との間でプロジェクトの実施についての同意書(LOI)を締結しました。
  このプロジェクトは、チュニジア政府の進める再生可能エネルギー導入計画「チュニジア・ソーラー・プラン※2」の一環として実施するもので、海外では初めてとなる大規模な太陽熱発電(タワー型ISCC※3)に関するナショナルプロジェクトです。NEDOは、豊富な日射量を有するチュニジアで実証に取り組むことで日本の優れた技術の海外展開を後押しするとともに、世界的なエネルギー問題の解決に貢献することを目指します。プロジェクトのフィージビリティスタディ(FS)については、近日中に参加企業の公募を開始する予定です。
  なお、LOIの調印式は、同国の首都チュニスで、NEDO村田理事長とチュニジア開発・国際協力省トゥリファ総局長、産業技術省ハッジ局長、STEGERアヤディ社長の間で行われました。

【太陽熱複合発電※4のイメージ】
太陽熱複合発電のイメージ

【世界の太陽熱発電プロジェクトの取り組み例】
世界の太陽熱発電プロジェクトの取り組み例
(出典)IEA(http://www.iea.org/)、Abengoa(http://www.abengoasolar.com/)、NREL(http://www.nrel.gov/)

【事業の概要(予定)】
  • 集光型太陽熱設備: 5MW(NEDO担当部分)
  • ガスコンバインドサイクル発電設備: 39MW(チュニジア担当部分)
(別紙: 太陽熱発電の特徴と今後の可能性について)

お問い合わせ先

(本プレスリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO 国際部 小川、千田
TEL: 044-520-5190

(その他NEDO事業についての一般的な問合せ先)
NEDO 広報室 田窪、廣瀬
TEL: 044-520-5151

(参考)用語の解説
  • 1 STEGER:
      Tunisian Electricity and Gas Utility Energy Renewable
  • 2  チュニジア・ソーラー・プラン:
      2010年から2016年までの太陽エネルギーの利用を中心とした全40事業からなる、チュニジアの再生可能エネルギー導入計画。
  • 3  ISCC:
      Integrated Solar Combined Cycle
  • 4  太陽熱複合発電:
     タワー式の集光型太陽熱発電とガスコンバインドサイクル発電を複合して利用する。

資料