本文へジャンプ

Press Release

平成16年度「エネルギー使用合理化技術戦略的開発事業」に係る研究開発テーマの決定について

2004年8月3日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 牧野 力

 先般、公募を行いました表記の事業について、17件の研究開発テーマを採択することと致しましたのでお知らせします。

  1. 事業概要
     2004年7月に、総合資源エネルギー調査会省エネルギー部会において、我が国のエネルギー安定供給確保と地球温暖化防止の両面に資するとともに、我が国の国際競争力の源泉となる「今後の省エネルギー対策のあり方について」のとりまとめが行われ、「技術開発をさらに進め、その成果を着実に社会に浸透させること」が、今後の省エネルギー政策の推進に当たって、特に重要であることが示されました。
    本事業では、エネルギー需要側の課題(技術ニーズ)を克服するための技術開発について、民生部門(家庭・業務)、運輸部門、産業部門を対象とし、幅広い分野での大幅なエネルギー需要削減を図るため、基礎・基盤的なフェーズから実用化・実証フェーズに至るまでの省エネルギー技術開発を包括的に推進します。
     
  2. 研究開発テーマ及び委託先・共同研究先
     今回、採択した研究開発テーマ及び委託先・共同研究先は、表-1【PDF】のとおりです。先導研究として5件、実用化開発として8件、実証研究として4件の合計17件のテーマを採択することとしました。
     
  3. 応募状況
     今回の公募には、先導研究フェーズとして49件、実用化開発フェーズとして31件、実証研究フェーズとして8件、計88件の提案がありました。
     これらの提案については、学識経験者を主体とする書面審査委員(委員名簿 表-2【PDF】)による一次審査を行った後、採択審査委員会(委員名簿 表-3【PDF】)を及びNEDO技術開発機構内の厳正な審査を経て採択テーマを決定いたしました。
     本事業は、経済産業省と連携の下、我が国における中核的な省エネルギー技術開発事業として、より一層その重要性が高まるものと認識しています。来年度以降も更なる充実を図っていきたいと考えています。
     
  4. 問い合わせ先 
    NEDO技術開発機構 省エネルギー技術開発部
    契約・管理・調整グループ 井上、本田、古川 
    TEL 044-520-5281/FAX 044-520-5283