本文へジャンプ

Press Release

未来の社会に貢献!ナノテク・材料分野のプロジェクト成果を発表

―「nano tech 2012」に出展―
2012年2月8日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

 NEDOは、2012年2月15日(水)~ 2月17日(金)に東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される「nano tech 2012 第11回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」で、NEDOプロジェクトの成果を発表します。
 今回の展示では、NEDOが10年間取り組んできたナノテクノロジー・材料分野の技術開発と社会との繋がりを示す「未来予想図」をコンセプトに掲げ、「未来のものづくり」「未来のまち」「未来のオフィス」「未来の暮らし」という4つのセクションで、レアメタル代替・削減材料、自動車用超軽量素材、パワーデバイス用超高機能材料などを含む、37プロジェクトの成果発表、試作物展示を行います。
 

 NEDOが取り組んでいる最新技術開発の成果に加え、それらと社会との繋がりをご覧いただくことで、未来へと繋がるアイデアや実用化への新たな展開が生まれることを期待しています。

  • 図:NEDO成果の実現する「未来予想図」
    図:NEDO成果の実現する「未来予想図」

1.今回のNEDOブース展示ハイライト

(1) 「未来のものづくり」ブース(11プロジェクトを展示)

 日本のものづくりに欠かせない材料・部材の性能を飛躍的に向上させる「レアメタル・レアアース(希少金属)」は、需給の逼迫や価格の高騰などにより入手が困難になってきています。今回の展示では、希少金属の安定確保に貢献する「削減」「低減」「代替」材料技術に関する成果展示を行うと共に、希少金属鉱石から最終製品に至るサプライチェーンを表した「レアメタルショーケース」の展示を行います。

(希少金属代替材料開発プロジェクト)

  • 図1

(2) 「未来のまち」ブース(8プロジェクトを展示)

 次世代自動車の軽量化に大きく貢献する高強度・超軽量素材「炭素繊維強化複合材料(CFRTP)」の成果展示、及びCFRTPの高速成型技術、接合技術、高効率リサイクル技術の成果発表も行います。

(サステナブルハイパーコンポジット技術の開発)

  • 図3

(3) 「未来のオフィス」ブース(8プロジェクトを展示)

 スマートフォン、タブレット端末など最新電子機器の小型・高機能化・大容量化に大きく貢献している半導体接着フィルム(ダイボンディングフィルム)を展示します。薄さ(10μm)と高い柔軟性及び高い接着性・信頼性という複数の相反機能を同時に実現したナノテクノロジー技術に迫ります。

(精密高分子技術プロジェクト(高性能ダイボンドの開発))

  • 図4

(4) 「未来の暮らし」ブース(10プロジェクトを展示)

 私達の暮らしに身近な情報通信機器、自動車など幅広い産業を支える「パワーデバイス」の分野では、従来のシリコン半導体を超える特性を持つ「窒化物系化合物半導体」の技術として、高品質・大口径GaN結晶を作製可能なNaフラックス法による世界初4inchウエハの展示を行います。

(窒化物系化合物半導体基板・エピタキシャル成長技術の開発)

  • Naフラックス法により作製した4inch GaNウエハ
    Naフラックス法により作製した4inch GaNウエハ

 パワーデバイスや光学部材などの材料特性を飛躍的に高める「超ハイブリッド材料」技術と、その成果を展示します。今回は、「超ハイブリッド材料」実現のキー技術である、有機材料でコーティングされた無機粒子の高速大量合成が可能なプロセスの紹介も行います。

(超ハイブリッド材料技術開発)

  • 図5

2.nano tech 2012 全体概要

名称 : nano tech 2012 第11回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議
開催テーマ: 「Life & Green Nanotechnology 10-9 Innovation」
日時 : 2011年2月15日(水)~17日(金) 10時00分~17時00分
会場 : 東京ビッグサイト東4・5・6ホール&会議棟
主催 : nano tech実行委員会
予定来場者数 : 50,000人
展示規模 : 510社 802小間 (22カ国から出展)
入場料 : 3,000円(実行委員会公式ウェブからの来場事前登録により無料)

  • NEDOブースガイド(2.55MB)(ブースマップ、出展プロジェクト、プレゼンテーションタイムテーブル)
  • NEDOブースは東4ホール入り口付近 小間番号「N-01」です。

3.お問い合わせ先

(本プレスリリースの内容についての問い合わせ先)
 NEDO 電子・材料・ナノテクノロジー部 担当: 木内、一色 TEL: 044-520-5210
(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
 NEDO 広報室 担当:田窪、遠藤  TEL: 044-520-5151  E-mail: nedo_press@ml.nedo.go.jp