本文へジャンプ

Press Release

タイ国科学技術開発庁と包括的な協力覚書を締結

2012年2月7日
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫 

 NEDOは2月7日、タイ国科学技術開発庁(National Science and Technology Development Agency ; NSTDA)(*)と、エネルギー・環境技術及び産業技術を対象とした研究開発に関する包括協力について、覚書(MOU)を締結しました。
 本MOUのもと、NSTDAとの共同研究体制を強化し、両国間の共同研究事業を推進していきます。
 まずは、本年度事業として実施することを決定している「タイにおけるVOC(揮発性有機化合物)モニタリング及び環境情報マネージメントに関わる研究協力」について、本MOUに基づくNEDOとNSTDAのモデル案件として強力に推進していくことを確認しました。本事業は、環境対策が喫緊の課題となっているマプタプット工業団地において、VOCのモニタリングシステムを構築し、VOC拡散予測を含む環境情報マネージメントシステムを実現するための研究開発を行うものです。
 NEDOはNSTDAとの協力を通じて工業団地と地域コミュニティとの共存共栄を目指し、日本の環境技術による環境に配慮した産業発展へ貢献していきます。
 本MOUの締結はNEDO古川理事長とNSTDAタウィーサック長官との間で行われました。
  

(*) タイ国科学技術省傘下の科学技術開発庁(National Science and Technology Development Agency)はタイ最大の国立研究機関であり、傘下に4つの大規模な研究機関を擁しています。

1.包括的な協力に係る覚書

 本覚書では、バイオテクノロジー・医療技術、スマートコニュニティ、電子材料ナノテクノロジー、機械システム、再生可能エネルギー技術、省エネルギー技術、環境技術、など幅広い分野において共同で研究を行うことが盛り込まれています。 

2.タイにおけるVOCモニタリング及び環境情報マネージメントに関わる研究協力

 マプタプット工業団地は、ラヨーン県に位置する大規模重化学工業集積地であり、環境対策が最も求められている工業団地です。本事業では、このマプタプット工業団地において、高精度センサによるVOCの常時モニタリング、関係機関との協力による環境状況の把握、VOC拡散予測基盤を含む環境情報マネージメントシステムの構築を行い、環境状況を定量的に常時監視することで、環境改善施策を講じる際の重要情報を提供します。
 NEDOは、本研究の実施者である富士通株式会社を助成します。タイ側はNSTDAに加え、タイ工業省、工業団地公社、チュラロンコン大学も共同で研究を進めます。タイ工業省及び工業団地公社はVOC等を常時モニタリングし、これらデータ及びその分析結果(予測含む)を近隣住民にわかりやすく開示する仕組みを構築することを当面の目標としています。マプタプット工業団地で地域住民との信頼関係を強化し、その実績をもって石油化学の工場が集積しているラヨーン県のIRPC工業団地など他の工業団地にも展開を目指しています。
 タイ国の産業発展において工業団地は核(コア)となっています。環境対策と情報開示をパッケージとして工業団地を運営し、地域住民の信頼を得てトラブルを回避することで安定操業を確保し、タイ国の産業発展を持続可能なものとしていくことを最終目標としています。 
 NEDOはこうしたタイ国の政策を側面サポートし、海外の環境調和型産業発展に寄与していきます。
 

3.今後の予定

 スマートコミュニティ分野など次の協力案件形成に向けた検討会合を両者間で開催します。

4.お問い合わせ先

(本プレスリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO 国際部 担当:山下、今田          TEL:044-520-5190

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報室 担当:田窪、遠藤          TEL:044-520-5151
 

資料

Adobe Readerを入手する