本文へジャンプ

Press Release

「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工

―燃料電池の飛躍的な性能向上、低コスト化の実現へ―
2012年12月26日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
国立大学法人 電気通信大学

NEDOの「固体高分子形燃料電池実用化推技術開発」において、国立大学法人電気通信大学が、大型放射光施設「SPring-8」(兵庫県佐用町)に燃料電池専用の「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン(BL36XU)」を設置、12月26日(水)、現地で竣工式典を行いました。

 本ビームラインでは高輝度の放射光を用いた計測により、これまで十分に解明にされていなかった燃料電池動作時の燃料電池触媒の反応や劣化メカニズムの解析が可能となります。
 NEDOは本解析結果を用いることで、燃料電池の飛躍的な性能向上と低コスト化を実現する、低白金・脱白金化を見据えた新規燃料電池触媒の開発を進めていきます。

  • 新ビームラインBL36XU概要図

1.概要

「固体高分子形燃料電池実用化推進技術開発」においては、燃料電池自動車(FCV)の将来の本格普及に向けて燃料電池の高性能化に加え、低コスト化の開発を進めています。高性能かつ低コストな燃料電池の開発に向けては、燃料電池触媒として用いている白金の反応、劣化メカニズムを解析し、触媒構造と反応との関係を明らかにすることで、性能向上かつ脱白金・低白金化を見据えた新たな燃料電池触媒の開発に繋げることが必要不可欠です。
 SPring-8のXAFS解析手法※1は、高輝度の放射光により燃料電池動作条件下において、短い時間で微小な領域のダイナミックな現象の解析を可能とするなど、燃料電池触媒の反応、劣化メカニズム解明に対して有効な手法として期待できます。
 本事業では、燃料電池の電極触媒解析用として世界最高水準の時間分解能及び空間分解能を併せ持った最新鋭な装置構成を設計、燃料電池用XAFS解析装置として「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」を完成しました。これにより、燃料電池の更なるブレークスルーを可能とし、FCVの本格普及に向けた新たな燃料電池の開発に貢献することを目指します。

※1 XAFS解析手法:X線を物質に照射したときに測定対象原子の周辺の原子によって起こる散乱・干渉で、X線の吸収スペクトルに微細構造が観測されるX線吸収微細構造(XAFS)を用いて物質構造を解析する手法。

2.お問い合わせ先

(本プレスリリースの内容についての問い合わせ先)
 NEDO 新エネルギー部 担当:金坂  TEL 044-520-5170

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
 NEDO 広報室 担当:遠藤  TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp