本文へジャンプ

Press Release

「NEDO二次電池技術開発ロードマップ2013」策定

―定置用二次電池の内容を拡充―
2013年8月30日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、自動車用及び定置用二次電池の市場拡大のための指針として「NEDO二次電池技術開発ロードマップ2013」を策定しました。
 再生可能エネルギーの導入や街・地域でエネルギーを有効活用するスマートコミュニティの構築が進められる中、今後市場の拡大が見込まれる定置用二次電池について、用途別にコスト及び寿命目標を明確に設定しました。また、自動車用については最新の情報をもとに性能やコストなどの目標を見直し、電池材料マップについても新たな材料の追加や材料特性データの更新を行うなど、大幅に改訂しました。低炭素社会の実現に向けて、新たなロードマップを策定しました。

  • 図:二次電池の利用シーン(ロードマップ策定対象)
    図:二次電池の利用シーン(ロードマップ策定対象)

1.背景

「NEDO次世代自動車用蓄電池技術開発ロードマップ2008」では将来の普及が期待される自動車用二次電池や電池材料について、「NEDO二次電池技術開発ロードマップ2010」では民生用、産業用を追加して、二次電池に要求される特性を年代毎に示し、開発のスピード感、問題意識を共有してきました。今回は、これまで策定してきたロードマップを再編し、定置用、自動車用及び電池材料を対象とした「NEDO二次電池技術開発ロードマップ2013」を策定しました。
 今後、普及拡大が期待される太陽光発電や風力発電等の再生可能エネルギーは出力が不安定であり、それらが大量導入された際には電力系統に生ずる余剰電力や周波数変動といった問題への対策が必要となることから、低コストで長寿命の系統用二次電池への期待が高まっています。同様に、街・地域におけるエネルギーの有効利用、工場・ビル・家庭における電力コストの抑制、及び災害による停電時のバックアップ対策等に使用する需要家用二次電池への期待も高まっています。こうした種々の用途におけるニーズの高まりを受け、定置用二次電池の用途分類を細分化し、ロードマップの内容を充実化しました。また、自動車用二次電池や材料マップについても最新の情報に更新しました。
 本ロードマップの公開によって、今後の需要にマッチした二次電池の技術開発が産学官の協調の下で効率的に推進され、我が国関連産業が国際競争力を維持・向上させていくことが期待されます。

2.策定のポイント

〔1〕市場拡大が予測される定置用二次電池の内容を充実化。
市場拡大が予測される定置用二次電池について、用途毎にコスト及び寿命目標を定めると共に、種々の二次電池の特長や技術課題を記載した新たなロードマップを策定し、今後の技術開発の方向性を明確にしました。

〔2〕最新の情報を基に自動車用二次電池の目標を更新。
プラグインハイブリッド自動車、電気自動車の普及が進められる中、これら次世代自動車の普及拡大を目指して、最新の情報をもとに性能及びコスト目標を更新すると共に、新たに寿命目標も記載しました。

〔3〕材料マップに最新の研究成果を反映。
リチウムイオン電池の材料マップ及び革新電池のマップについて、新たな材料の追加、材料特性データの更新など、最新の研究成果を反映しました。

3.公開先URL

4.お問い合わせ先

(本プレスリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO スマートコミュニティ部 担当:釘野、吉川  TEL:044-520-5264

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報部 担当:遠藤  TEL:044-520-5151  E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp