本文へジャンプ

Press Release

NEDOプロジェクト成果2件に生活支援ロボットの国際安全規格

―世界で初めてISO13482の認証を取得―
2014年2月17日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOの生活支援ロボット実用化プロジェクト※1の成果を用いた、パナソニック(株)のフルリクライニング車いす付きベッド「リショーネ®※2と、(株)ダイフクの配送センター内高速ビークル(無人搬送車)の安全技術「エリア管理システム」※3が、生活支援ロボットの安全性に関する国際規格である、ISO13482※4の認証を世界で初めて取得しました。
 認証のための安全性試験は、NEDOプロジェクトの研究施設である「生活支援ロボット安全検証センター」で実施。さまざまな角度から安全性の検証を実施し、国際基準を満たす安全性が確認されたことから、日本品質保証機構(一般財団法人、JQA)が、2月17日付けで両社に対し認証書を発行しました。
 NEDOは、今後もロボットの安全性を高めた生活支援ロボットの研究開発支援等を通じ、日本が世界に誇る、安全な生活支援ロボットのグローバルな普及やロボット産業の発展に貢献していきます。

  • パナソニックのリショーネ®と、ダイフクのエリア管理システムの写真および説明図

1.概要

我が国では、少子高齢化が急速に進展しており、労働力の不足が懸念されています。このため、ロボット技術は産業分野だけではなく、介護・福祉、家事、安全・安心等の生活分野への適用が期待されています。しかしながら、生活分野における生活支援ロボットの安全性技術に関する国内外の規格等は未整備です。そのため、民間企業の独自の取組では技術開発も産業化も加速されないことから、安全性基準に関する国際標準等の整備が求められています。
 NEDOが2009年度から5年計画で実施している「生活支援ロボット実用化プロジェクト」では、生活支援ロボットとして産業化が期待されるロボット※5を対象にプロジェクトに参加しているロボットメーカー、試験研究機関及び認証機関等が密接に連携しながら本質安全・機能安全の試験を行い、安全性等のデータを取得・蓄積・分析して具体的な安全性検証手法の研究開発を行ってきました。この開発拠点として、茨城県つくば市に「生活支援ロボット安全性検証センター」※6を設立(2010年)し、このセンターにおいて各種生活支援ロボットの安全性検証試験を行ってきました。
 さらに、プロジェクトでは、国際標準化提案と認証手法の開発を行ってきましたが、この認証を受けることにより、第三者が安全性を確認したことになり、生活支援ロボットに対する安全性評価が高まり、普及を促す効果があります。2014年2月1日に、プロジェクトの提案を基に、安全に関する国際標準規格ISO13482が正式発行されました。

2.今回の成果

今回、JQAは2月17日付でパナソニックの「リショーネ®」とダイフクの「エリア管理システム」に対して、世界で初めてISO13482に基づく認証を行い、パナソニックとダイフクに対して認証書を発行しました。
 2社に対してISO13482が認証されたことにより、安全認証を受けようとする企業活動が活性化され、さらに安全性を高めた生活支援ロボットの活躍が期待できるようになります。

3.今後の予定

生活支援ロボットの安全検証手法の開発を進め、プロジェクトに参加している他のロボットの認証の早期実現を目指します。国際標準化提案活動に関しては、試験方法やロボット形式各論についての提案活動を行うとともに、他の関連する規格の提案活動等を引き続き継続していきます。
 NEDOは、今後も、日本発の安全性を高めた生活支援ロボットの研究開発や、安全性の試験及び認証事業に係る環境整備等を推進し、日本が誇る安全な生活支援ロボットの世界的な普及やロボット産業の発展に貢献してまいります。

4.お問い合わせ先

(本プレスリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO 技術開発推進部  担当:菅原、真野、高津佐  TEL:044-520-5241

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報部  担当:坂本、遠藤  TEL:044-520-5151  E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp

【用語解説】

※1:生活支援ロボット実用化プロジェクト:2009年度から2013年度までプロジェクトを実施。2010年に設置した生活支援ロボット安全検証センターなどの設備を活用し、ロボットの安全技術の開発や、安全性を技術的に検証・承認する手法の開発を実施。

※2:「リショーネ®」は、電動ケアベッドと電動リクライニング車いすを融合した新たな概念のロボット介護機器。電動ケアベッドの一部が電動リクライニング車いすとして分離することで、介護を受ける方に負担をかけることなく、ベッドから車いすへの移乗をスムーズに行うことができる。さらに、「リショーネ®」は一人の介護者だけで簡単・安全に移乗介助できるため、介護を受ける方の離床機会を増やすだけでなく、介護者の負担軽減に繋がる。

※3:従来の無人搬送車(AGV)に比べ約3倍高速化したものを開発し、その安全性を高めるために「エリア管理システム」を開発した。エリア管理システムは、UWB無線による位置計測により作業者や人が運転するフォークリフトの位置をリアルタイムに計測し、AGVの速度をコントロールすることにより、作業者やフォークリフトの安全を確保する。

※4:ISO13482:Personal care robotの安全性(充電池、ロボット形状、電磁妨害、耐久性、環境センシング、機能安全等)に関する国際標準規格。Personal care robot には、移動型、アシスト型、搭乗型がある。

※5:移動作業型(操縦が中心)、移動作業型(自律が中心)、人間装着(密着)型、搭乗型の4タイプ。

※6:生活支援ロボットの主要な安全性試験が行える18の試験設備を整備。現在はプロジェクトの中で試験方法を研究開発中。プロジェクト終了後は介護ロボットの試験センターとしても活用予定。