本文へジャンプ

Press Release

デンマークで福祉機器ロボット技術の実証開始

―通信機能を搭載した新型電動車いすを介護・福祉施設に導入―
2014年6月11日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOのプロジェクトにおいて、(株)テムザックと(株)NTTドコモは、デンマークのコペンハーゲン市とファーボ・ミッドフュン市において、福祉機器ロボットを介護・医療の現場で幅広く活用するための実証試験を開始しました。

プロジェクトでは、テムザックとNTTドコモが通信機能を搭載した電動車いす「NRR」を開発、両市の介護・福祉施設、高齢者住宅に導入し実証試験を実施することで、将来的な普及を目指すものです。

【用語解説】

※NRR
New Robot Rodemの略。通信機能を搭載した、この実証に使用される電動車いすの名称。

  • 写真
    基本協定書(MOU)締結式の様子

1. 背景

NEDOでは、今後高い成長が期待される医療、介護、健康、福祉等の生活支援関連産業において、ロボット技術を核とした生活支援システムの研究開発・実証を実施しています。なかでも海外実証事業では、導入地域のニーズや事業により得られた成果をフィードバックすることで、当該分野の技術水準向上に加え、海外展開や市場化の促進等を図ることも目的としています。

デンマークでは、少子高齢化が進む中で、医療や介護等の制度にかかる費用が国家財政の多くを占めているだけでなく、この費用は年々増加傾向にあります。こうした背景のもと、本事業は、NEDOが2012年に実施したデンマークにおける各種調査に加え、2014年3月の日本・デンマーク首脳会談における共同声明の「ウェルフェアテクノロジー(ロボットのような支援器具及び技術)における具体的な協力」により、両国の協力関係のもとで実施されます。

2. 実証事業の概要

この事業では、NRRの現地ニーズに対応するための研究開発と実証を行います。現地の介護・福祉施設において、実際の被介護者を対象に、介護者のサポートを得ながら、実証のプロトコール作成、データ収集・分析を行います。

今回の実証事業の受け入れ先は、首都であるコペンハーゲン市、および介護・福祉に対する市の取り組みを広く国内外へ積極的にアピールしているファーボ・ミッドフュン市の介護・福祉施設にて行います。

  • 地図

3. 今後の予定

今後はこのプロジェクト期間中に、EU域内の福祉機器輸出に必要な欧州医療機器指令に適合していることを証明する、「CEマーキング」を取得し、実際に現地の施設にて車いすを導入、実証データを取得しするとともに、来年度の実用化を目指した開発を進め、NRRの将来的な普及拡大を目指します。

4. 協定の締結

実証試験の開始に先立ち、NEDO植田理事とコペンハーゲン市ニーナ・トムセン健康・福祉担当市長、ファーボ・ミッドフュン市クリスチャン・ティーゲセン市長が6月10日、デンマーク・コペンハーゲン市で事業開始に係る基本協定書(MOU)を締結しました。

5. 問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO ロボット・機械システム部 担当:萬木、真野 TEL:044-520-5241

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:坂本、遠藤、佐藤 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp