本文へジャンプ

Press Release

世界初の「NEDOロボット白書2014」を公表

―ロボット技術による社会的課題解決の処方箋を提言―
2014年7月17日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、ロボット産業の発展を期して、各分野の最前線で活躍する専門家の知見を結集し、ロボットビジネスを活性化する観点から、「NEDOロボット白書2014 社会を変えようとするとき、そこにロボット技術がある!」を取りまとめました。
 日本では、現在、〔1〕少子高齢化、〔2〕産業の空洞化、〔3〕社会インフラ保全、〔4〕災害への対応などの社会的課題を抱えており、同白書では、少子高齢化による介護労働力などの不足を補う介護ロボットや地震や台風などの自然災害における人命救助を行う救助ロボットなど、今後、市場規模が飛躍的に拡大されるサービスロボット※1、フィールドロボット※2分野等の技術開発指針と活用例を提言しています。
 同白書は7月17日以降、NEDOのWEBページ※3からダウンロードできます。

【用語解説】

白書表紙













新書版約800頁を予定

1. 概要

我が国は「ロボット大国」と言われることがありますが、決して安泰な状況ではありません。先進国、新興国との厳しい競争環境にあり、「技術で勝ってビジネスで負ける」「技術ですら負けてしまう」ということにもなりかねないと認識しています。ロボット白書では、我が国のロボット産業の競争力強化を考える上で重要となる、各種サービス・ビジネスの「ユーザー視点によるロボット化」の必要性に着目し、今後、ユーザーとともにロボットの社会実装を進めていくに際して、その現状、技術、課題、今後の提言等についてまとめたものです。

2. 「NEDOロボット白書2014」ポイント

(1)編集方針

ロボット分野に関心を持つ高校生・大学生等、ロボット分野のビジネスを目指す、もしくは行っている方々を対象に、

  • ロボット技術全体を見渡せる。
  • ビジネスを変えたい人、新しいビジネスを起こしたい人に橋渡しとしてロボット技術が解決策になり得ることを伝える。
  • 我が国ロボット産業の活性化、発展、競争力強化等に向けた提言を各章で記載。
  • 第1章 ロボットについて
  • 第2章 ロボット利用の意義・必要性・取り巻く環境
  • 第3章 産業用ロボットの現状と課題
  • 第4章 生活とサービス領域のロボット化事業
  • 第5章 フィールドロボットの現状と課題
  • 第6章 ロボットを社会実装するために
  • 第7章 まとめ(各章の概要や課題、提言等)
  • 編集後記(NEDO)
  • 概要版(日本語・英語)

(2)課題解決に向けたロボットの活用事例

  • 〔1〕 少子高齢化:パワーアシストロボット、セラピーロボット、看護・介護ロボット他
  • 〔2〕 産業の空洞化:鉱山用無人化システム、無人化施工他
  • 〔3〕 社会インフラ保全:水中ロボット、トンネル履工背面空洞調査システム他
  • 〔4〕 災害への対応:飛行ロボット、壁登りロボット、狭所進入ロボット他

(3)パブリックコメントの募集

ロボット白書の公表に伴い、次回以降の改訂に活用するために、以下のような観点について広く意見を募集します。

  • 潜在ユーザー(特にロボット業界以外の方々)の発掘
  • 新たなロボット活用や自動化のアイデアやニーズの収集
  • 学校教育、自治体の政策立案等における白書の活用方法の募集
  • 今後の改訂に向けた白書の改善点(章構成や内容、頁数、字や判の大きさ、絵や写真の数、正本出版希望等)
  • その他

3. フォーラムの実施

NEDOロボット白書2014の解説等を行うフォーラムを開催予定です。詳細につきましては、決定し次第、NEDOホームページにてお知らせ致します。

4. 問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO ロボット・機械システム部 担当:坂本(健)、真野 TEL:044-520-5241

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報部 担当:坂本(信)、佐藤 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp