本文へジャンプ

Press Release

希少金属の代替・使用量低減目指す助成事業を開始

―白金族やタングステンなど6テーマ―
2014年7月29日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、使用量のさらなる伸びが予想される希少金属の代替・使用量低減技術の開発について、新たに6テーマの助成事業を開始します。
 具体的には、[1]白金族(Pt、Pd)の使用量を低減した排ガス触媒(2テーマ)、[2]タングステン(W)とコバルト(Co)を使わない超硬材料(1テーマ)、[3]ネオジム(Nd)やジスプロシウム(Dy)を使わないインホイールモータ(1テーマ)、[4]ユーロピウム(Eu)やセリウム(Ce)やイットリウム(Y)を使わない新規蛍光体(2テーマ)の開発に取り組み、事業終了後数年内の実用化を目指します。

1.プロジェクト概要

NEDOは2008年度から、希少金属代替省エネ材料開発プロジェクト※1において、希少金属の代替・使用量低減の技術開発を行っております。
 希少金属は、排ガス触媒や超硬工具、モータなど様々な部材の高機能化、高性能化に必要な元素ですが、他の金属と比較して産出量が少なく、産出国も偏在することから、需要と供給のバランスが崩れることが懸念されており、NEDOは本プロジェクトを通じて、希少金属の供給リスク軽減を目指しています。

【用語解説】

※1 「希少金属代替省エネ材料開発プロジェクト」2007年度は経済産業省、2008年度からはNEDOのプロジェクトとして実施中。

2.助成予定のテーマと概要

<排ガス浄化用触媒の白金族使用量低減代替技術の開発>
(助成予定先:株式会社ノリタケカンパニーリミテド)
自動車の排ガス触媒に使用されている白金族(Pt、Pd)使用量を低減することができる、助触媒を開発します。

<白金族代替Ag系DPF触媒システムの実用化開発>
(助成予定先:三井金属鉱業株式会社)
ディーゼルの排ガス触媒について、白金族(Pt)の使用量を低減した銀系触媒を開発します。

<窒化チタンをベースとする超硬工具向けタングステン、コバルト代替材料の開発>
(助成予定先:三菱マテリアル株式会社)
超硬工具に使用されているタングステン(W)とコバルト(Co)を使わない窒化チタン(TiN)をベースとし、耐摩耗性を向上させた超硬材料を開発します。

<NdおよびDyの削減に資する超小型自動車向けレアアースレスインホイールモータの開発>
(助成予定先:株式会社ダイナックス)
超小型自動車向けのネオジウム磁石を使わないインホイールモータを開発します。

<太陽電池用波長変換材料としてのイットリウム、ユーロピウム低減蛍光体の実用化開発>
(助成予定先:堺化学工業株式会社)
蛍光体に使用されているイットリウム(Y)、ユーロピウム(Eu)の使用量を低減した、新規蛍光体を実用化開発します。

<Eu、Ce、Y不使用型Ag含有ゼオライト蛍光体の開発とその利用に関する研究>
(助成予定先:レンゴー株式会社)
通常の蛍光体に使用されている、ユーロピウム(Eu)、セリウム(Ce)、イットリウム(Y)を使わない新規の蛍光体を開発します。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO 電子・材料・ナノテクノロジー部  担当:桂山、佐藤(仁)、橋本  TEL:044-520-5210

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報部  担当:坂本、佐藤(丈)  TEL:044-520-5151  E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp