本文へジャンプ

Press Release

水素社会構築に向け、新たな研究開発を開始

―再生可能エネルギーの電力を水素に転換して利用―
2015年3月2日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、貯めやすい、運びやすいといった水素の特徴を活かし、再生可能エネルギーを水素に転換し利用するシステム(Power to Gas)の研究開発を開始します。
 このシステムにより、再生可能エネルギーの変動する出力の吸収や、エネルギーの長距離輸送が可能になります。NEDOはこのシステムの開発を通じ、再生可能エネルギーの課題を解決し、水素を最大限に活用する「水素社会」の実現を目指します。

  • 水素エネルギーシステム技術開発のイメージ
    水素エネルギーシステム技術開発のイメージ

1.概要

水素は、電力を大量かつ長期に貯蔵することができ、長距離輸送が可能です。また、燃料電池によるコジェネレーションや、ガスタービン等による大規模発電、燃料電池自動車やバス等の移動体など、様々な用途で利用可能です。
 NEDOは、水素の優れた特徴を活かして、再生可能エネルギーからの電力を水素に転換し利用するシステム(Power to Gas)の研究開発を開始します。
 このシステムは、水素製造技術、貯蔵・輸送技術、利用技術によって構成され、系統安定化のための大規模な電力貯蔵、地域における余剰電力の活用、非常時の電源、地域間でのエネルギー輸送・利用などといった様々な適用先が想定され、それぞれに適切な技術の組み合わせによる最適化が求められます。
 本プロジェクトでは、Power to Gasの社会への実装を見据え、様々な適用先に応じたアプリケーションを見いだすとともに、そのアプリケーションに応じた適切な技術によるシステムの研究開発を行います。
 このシステムにより、再生可能エネルギーの変動する出力の吸収や、エネルギーの長距離輸送が可能になります。NEDOはこのシステムの開発を通じ、再生可能エネルギーの課題を解決し、水素を最大限に活用する「水素社会」の実現を目指します。

2.委託予定先

  • 水素(有機ハイドライド)による再生可能エネルギーの貯蔵・利用に関する研究開発
    委託予定先:千代田化工建設株式会社 国立大学法人横浜国立大学
  • 北海道に於ける再生可能エネルギー由来不安定電力の水素変換等による安定化・貯蔵・利用技術の研究開発
  • 委託予定先:豊田通商株式会社、株式会社NTTファシリティーズ、川崎重工業株式会社、株式会社フレイン・エナジー、株式会社テクノバ、国立大学法人室蘭工業大学
  • 高効率固体高分子型水素製造システムによるPower to Gas技術開発
    委託予定先:東レ株式会社
  • 発電機能を有する水素製造装置を用いた水素製造・貯蔵・利用システムの研究開発
    委託予定先:高砂熱学工業株式会社、独立行政法人産業技術総合研究所
  • 非常用電源機能を有する再生可能エネルギー出力変動補償用電力・水素複合エネルギー貯蔵システムの研究開発
    委託予定先:国立大学法人東北大学、株式会社前川製作所、岩谷産業株式会社

【用語解説】

  • Power to Gas:再生可能エネルギーからの電力(Power)を水素(Gas)に転換し、利用するシステム

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO 新エネルギー部 担当:久保、高橋、城(じょう) TEL:044-520-5261

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報部 担当:上坂、佐藤、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp