本文へジャンプ

Press Release

太陽光発電の発電コスト低減に向けた新たなプロジェクトを始動

―2030年までに発電コスト7円/kWhを目指す―
2015年6月4日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、「太陽光発電開発戦略」で掲げる発電コスト目標を実現するため、高性能と高信頼性を両立した太陽電池の開発に着手します。本プロジェクトでは、14円/kWhを実現する太陽電池モジュールを2020年までに実用化するとともに、2030年までに7円/kWhを実現する要素技術の確立を目指します。

1.概要

NEDOは、太陽光発電が自立して普及するエネルギーになることを目指し、発電コスト低減技術の開発を進めています。これまでに結晶シリコン太陽電池や化合物太陽電池、ペロブスカイト太陽電池等の開発で、太陽電池の高性能化等において大きな成果をあげてきました。

今般、NEDOはこれらの成果をもとに、先端複合技術型シリコン太陽電池の技術開発、超高効率・低コストIII-V化合物太陽電池の技術開発、低コストペロブスカイト太陽電池の技術開発等を実施し、太陽光発電開発戦略(NEDO PV Challenges)※1で掲げる発電コスト目標(2030年までに従来型火力発電を下回る発電コスト7円/kWh)の実現に資する高性能と高信頼性を両立した太陽電池の開発を目指します。

2.主な採択テーマ

本プロジェクトでは22件のテーマを採択しました。詳細は以下を参照ください。

主な実施内容を以下に紹介します。

【1】先端複合技術型シリコン太陽電池の技術開発

採択先:
株式会社トクヤマ、株式会社クリスタルシステム、コマツNTC株式会社、ナミックス株式会社、シャープ株式会社、京セラ株式会社、株式会社カネカ
開発内容:
結晶シリコン太陽電池の原料メーカー、装置メーカー、セル・モジュールメーカーが大学等と連携し、ヘテロ接合バックコンタクト等、先端技術を複合した、高効率かつ高信頼性を両立したシリコン太陽電池とその低コスト製造技術を開発します。

  • 図1.開発するヘテロ接合バックコンタクト型太陽電池※2の一例
    図1.開発するヘテロ接合バックコンタクト型太陽電池※2の一例

【2】超高効率・低コストIII-V化合物太陽電池の技術開発

採択先:
シャープ株式会社、パナソニック株式会社、大陽日酸株式会社、東京大学、豊田工業大学、電気通信大学、神戸大学、名古屋大学、名城大学、宮崎大学、東京農工大学、産業技術総合研究所
開発内容:
量子ドットや超格子セルを用いた超高効率化技術、成膜速度の高速化技術、安価基板上への成膜や接着技術、高価な基板の再利用技術等、従来の延長線上にない革新的高効率太陽電池をセル・モジュールメーカー、成膜装置メーカー、大学等が連携し開発を進めます。

  • 図2.開発する超高効率・低コストIII-V化合物太陽電池※3の一例
    図2.開発する超高効率・低コストIII-V化合物太陽電池※3の一例

【3】低コストペロブスカイト太陽電池の技術開発

採択先:
パナソニック株式会社、株式会社東芝、積水化学工業株式会社、アイシン精機株式会社、富士フイルム株式会社、早稲田大学、東京大学
開発内容:
新コンセプトの製造装置、信頼性確保技術、発電原理の検証と信頼性の高い性能評価技術の確立、さらなる性能向上を目指す新構造、新材料の基礎研究を産官学連携による集中研体制で進めます。

  • 図3.開発するペロブスカイト太陽電池※4の構造の一例
    図3.開発するペロブスカイト太陽電池※4の構造の一例

【参考:用語解説】

※1 太陽光発電開発戦略(NEDO PV Challenges)
2014年9月、NEDOが公表した太陽光発電の新たな技術開発指針。2009年の「太陽光発電ロードマップ(PV2030+)」以来、5年ぶりに策定した技術開発指針であり、発電コスト目標として、2020年に14円/kWh、2030年に7円/kWhを掲げている。詳細については、下記を参照。
※2 ヘテロ接合バックコンタクト型太陽電池
ヘテロ接合技術とバックコンタクト技術を組合せた太陽電池。ヘテロ接合は物性の異なる半導体材料を接合する技術で、結晶シリコンとアモルファスシリコンを組合せて変換効率低減の要因となる欠陥を減らしたり、電気に変換できる光の波長が異なる材料を組み合わせることで変換効率を向上させることができる。バックコンタクト技術は太陽電池の裏側にのみ電極をつくり電気を取り出す技術で、電極を裏面に集約することで、受光面を広くできるため、変換効率を高めることが出来るが、構造が複雑になり高い加工技術が必要になる。
※3 III-V化合物太陽電池
ガリウムなどのIII族(13族)元素と、ヒ素などのV族(15族)元素からなる化合物半導体を用いた太陽電池。太陽光に含まれる様々な波長に対応した太陽電池を積層することで高効率化を実現できる。ただし、製造コストが高いことが課題である。
※4 ペロブスカイト太陽電池
発電層に、主としてペロブスカイト構造の化合物薄膜を用いた太陽電池。結晶シリコンに迫る発電効率と、塗布やロールツーロール法などの低コストな製造方法を用いることができ、発電コストの大幅な低減が期待されている。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 新エネルギー部 担当:竿本、豊田、佐藤 TEL:044-520-5277

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、佐藤、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp