本文へジャンプ

Press Release

省エネ社会実現に向けた省エネ技術開発テーマを広く募集

―開発シナリオ等の策定段階から事業化まで切れ目なく支援―
2015年7月1日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、エネルギー供給から需要までのあらゆる分野における事業化を見据えた省エネルギー技術開発テーマを広く募集し、省エネルギー社会の実現に向けたテーマに助成します。

本事業では、NEDOと経済産業省が共同で策定する「省エネルギー技術戦略」で掲げられた産業、家庭・業務、運輸部門等における日本の省エネルギーに寄与する14の重要技術を中心に、開発・導入シナリオの策定から事業化まで切れ目なく支援します。

  • 写真 「省エネルギー技術戦略」における14の重要技術
    「省エネルギー技術戦略」における14の重要技術

1.概要

経済成長と両立する持続可能な省エネルギーの実現は日本の重要課題であり、政府の第4次「エネルギー基本計画」(2014年4月策定)においても、徹底した省エネルギー社会の実現と多層化・多様化した柔軟なエネルギー需給構造の構築が掲げられています。省エネルギー技術は多分野かつ広範囲にわたるため、これらの着実な実現には、「省エネルギー技術戦略」※1に掲げる産業・民生・運輸部門等の省エネルギーに資する重要技術を軸に、戦略的に省エネルギー技術の開発を強力に推進することが必要です。

NEDOは、2012年度から戦略的省エネルギー技術革新プログラムを開始し、「省エネルギー技術戦略」で掲げられた産業、家庭・業務、運輸部門等における日本の省エネルギーに寄与する14の重要技術を中心に、中小・ベンチャー企業、大手企業、大学、研究機関などに対して、開発・導入シナリオの策定等から事業化まで切れ目のない支援を実施しています。

今年度の第1回公募(6月9日採択決定)では、緊急性が高く、2020年を目途とした具体的な技術課題を特定技術開発課題※2として50項目設定するとともに、「非可食バイオマス由来グリーンフェノールの工業生産に向けた技術開発」、「省エネルギー素子用大口径Si基板上高品質GaN成膜技術の開発」、「電動車用ワイヤレス充電器の互換性技術開発」、「微粉炭焚きボイラにおける燃焼効率改善技術の開発」など幅広い分野の省エネ技術開発について合計25件を採択し、事業を開始しました。

今般、第2回公募として省エネルギーに係る技術開発テーマを広く募集し、省エネルギー社会の実現に向けたテーマに助成を行います。第1回公募と同様に、14の重要技術と、50の特定技術開発課題については、優先的に採択を行う予定です。

2.公募概要

(1)公募期間

2015年7月1日~2015年7月30日正午

(2)研究フェーズについて

開発リスクや開発段階に応じて3つの開発フェーズを設け、高い省エネルギー効果が見込まれる技術開発テーマを広く募集します。フェーズ移行時にはステージゲート審査を実施し、高い成果と、十分な省エネルギー効果が見込まれる技術開発テーマに対しては、切れ目のない支援を実施します。

  • 図 研究フェーズ

(3)説明会

全国各地(川崎、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡)で公募説明会を予定しています。

その他公募に関する詳細な情報はNEDOウェブページをご確認ください。

【用語解説】

※1 省エネルギー技術戦略
第4次「エネルギー基本計画」に掲げる「多層化・多様化した柔軟なエネルギー需給構造」の構築に資する省エネルギー技術の開発と、それら技術の着実な導入普及及び国際展開を推進し、世界最高水準の省エネルギー国家の実現と経済成長を目指すための指針。広範・多岐にわたる省エネルギー技術について東日本大震災以降のエネルギーを巡る環境変化を踏まえつつ、真に省エネルギーに貢献する重要分野を特定・重点化している。
※2 特定技術開発課題
重要技術の中において、特に緊急性が高くかつ社会的意義が高い開発課題を、特定技術開発課題として設定。その開発指標と達成目標値を規定し、早急に商品化・実用化を目指す。2015年度第1回公募より全面改定し、開発目途を2020年とした課題に変更した。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 省エネルギー部 担当:「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」事務局

TEL:044-520-5281  E-mail:shouene@ml.nedo.go.jp

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、佐藤 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp