本文へジャンプ

Press Release

カナダで初のスマートコミュニティ実証事業を開始

―太陽光パネル・蓄電池併用のインバータシステムを実証へ―
2015年7月21日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、カナダのオシャワ市、オシャワ電力(OPUC)と共同でスマートコミュニティ実証事業を実施することで合意、7月17日に基本協定書(MOU)を締結しました。

本事業では、2015年度から2年間、同市内の30戸の家庭に太陽光パネルと蓄電池を1台で制御可能なハイブリッドインバータシステムを設置し、停電時の非常用電源として活用するとともに、系統安定化の検証を実施します。また、世界の地域への展開を狙ったビジネスモデルについても検証を実施します。

1.概要

カナダのオンタリオ州オシャワ市では、凍害等により年間を通じて200回を超える停電が発生しており、安定的な電力供給が大きな課題となっています。オンタリオ州は、2009年に北米で初めてFIT(固定価格買取制度)を導入しており、さらに今後20TWh分の原子力エネルギーを再生可能エネルギーに置き換える計画があるなど、再生可能エネルギー導入に向けた取り組みに力を入れています。

このような背景のもと、NEDOは、カナダのオシャワ市、オシャワ電力(OPUC)とスマートコミュニティ実証事業の協力に合意し、7月17日、基本協定書(MOU)を締結しました。同市の抱える課題及び州の施策に合致したソリューションとして、NEDOは、オシャワ市、オシャワ電力(OPUC)と協力し、太陽光パネルと蓄電池を備えたハイブリッドインバータシステムを個々の需要家に設置し、停電など非常時の需要家の自立性を高めるとともに、電力会社による系統への遠隔出力制御を行うことでより高度な系統安定化を実現するシステムの実証を行います。

具体的には、2015年度から2年間、田淵電機株式会社を委託先として、同市内の30戸の家庭に本インバータシステムを設置し、停電時における非常用電源としての有用性検証および系統安定化の検証を実施します。本システムは、1つの蓄電インバータで太陽電池と蓄電池の両方を制御可能で、逆潮流も防ぐ制御機能も備えた日本独自の技術です。

本事業により、今後、深夜電力を蓄電池に充電し、日中に放電利用するピークシフトが期待できます。また、個々に設置するシステムは需要家の所有物としてではなく、電力会社のネットワークの一部として電力会社が一括購入し、市場に参入していくビジネスモデルについても併せて検証を行い、世界の他の寒冷地や電力不安定地域への展開を目指します。

  • 図 カナダ小規模実証システム説明図

2.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO スマートコミュニティ部 担当:杉本、山田 TEL:044-520-5274

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、佐藤 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp