本文へジャンプ

Press Release

ポルトガル共和国で自動ディマンドレスポンス実証を実施

―快適性と経済性を両立した電力需給制御を目指す―
2015年7月23日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、ポルトガルで実施予定のスマートコミュニティの実証プロジェクト(2016~2018年度)を同国国立エネルギー地質研究所LNEGと共同で推進することに合意し、基本協定書を締結しました。

本実証事業では、リスボン市内の公共ビルや一般家庭の協力のもと、空調機器を需要家の特性に応じて自動で運転管理することで需要家の快適性を保ちつつ、電力の市場価格が安い時間に需要をシフトすることで経済性も両立した電力需給調整を行う自動ディマンドレスポンスを実施します。

  • 図 本事業イメージ図
    本事業イメージ図

1.概要

ポルトガルは、国家エネルギー戦略を策定し、最終消費に占める再生可能エネルギーの比率31%を目指しております。2014年の第一四半期には電力需要の約70%を風力発電や水力発電を中心とする再生可能エネルギーが占めるようになり、欧州でも有数の再生可能エネルギー大量導入国となっております。今後、風力発電・太陽光発電の更なる導入が計画されており、再生可能エネルギーの有効活用等のニーズの高まりが見込まれます。

このような背景のもと、NEDOは、ポルトガルの国立エネルギー地質研究所(LNEG)※1と同国で実施予定のスマートコミュニティの実証プロジェクト(2016~2018年度)を共同で推進することに合意し、基本協定書(MOU)を締結しました。

本実証事業では、LNEGやポルトガル政府と協力し、リスボン市内の公共ビルや一般家庭などの協力のもと、空調機器を需要家の特性に応じて自動で運転管理することで、需要家の快適性を損なわずに電力需給調整を行う自動ディマンドレスポンス※2を行うことを予定しています。

一般需要家の協力のもとに行う手動のディマンドレスポンスでは電力需給調整量の不確実性を伴いますが、本実証ではディマンドレスポンスを自動で行うことで確実性の向上を図り、再生可能エネルギーの大量導入に伴う電力需給安定化ニーズの高まりに応えることが出来ると考えられます。

また、電力調達価格の高い時間帯から低い時間帯へと需要のシフトを行うことで経済性も確保出来るシステムの構築を目指します。

本実証の実現に向けた事前調査を実施するため、委託先として株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、ダイキン工業株式会社、株式会社日本総合研究所の3社を選定しました。2016年1月まで実証前調査を実施し、2016年度からの実証事業開始を目指します。

2.委託予定先

  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  • ダイキン工業株式会社
  • 株式会社日本総合研究所

3.MOU調印式について

現地時間7月22日に、環境・国土・エネルギー省(MAOTE)で行われた署名式において、東駐葡日本大使、トリンダーデエネルギー担当副大臣立ち会いのもと、NEDO国吉理事、LNEGテレサ・ポンセ・デ・レアオン所長が、本実証事業の推進に伴う協力体制を確立するため、基本協定書に署名しました。

【参考:用語解説】

※1 LNEG
国立エネルギー地質研究所(Laboratório Nacional de Energia e Geologia)
※2 自動ディマンドレスポンス
需要家所有機器の自動運転管理による電力消費の調整

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO スマートコミュニティ部 担当:奥田、杉本 TEL:044-520-5274

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:担当:佐藤、髙津佐、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp