本文へジャンプ

Press Release

次世代航空機向けの装備品開発に着手

―装備品市場への本格参入と市場拡大を目指す―
2015年9月8日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、2020年代半ば以降に市場投入予定の次世代航空機への搭載に向けて、軽量・低コストかつ安全性の高い装備品の開発に着手します。

日本の装備品メーカーが持つ技術力を生かし、装備品市場への新規参入拡大による飛躍的な成長の実現を目指します。

1.概要

航空機の機体構造(胴体や翼など)およびエンジンを除いた機器類は、総称して装備品(航空機システム)と呼ばれています。装備品は航空機価格の約4割を占めており、航空機の機能や性能に直接関わる部分も多く、また機体そのものよりも整備・修理ビジネスでの継続的な収益が期待できるため、非常に重要な分野です。これまで装備品の大半は欧米の装備品メーカーで製造されており、装備品の納入実績が少ない日本の装備品メーカーにとって、市場で収益を得ることが困難な状況が続いていました。

そこでNEDOは、日本の装備品メーカーが持つ技術力を生かし、本格的な装備品市場への参入・市場拡大を図るために、2020年代半ば以降に市場投入される次世代航空機向けの、軽量・低コストかつ安全性の高い装備品の開発に着手します。事業期間は2015年度から5年間を予定しており、今回、5テーマを選定しました。プロジェクト期間中にはステージゲート審査を設け、高い実現性が見込まれるテーマに絞り込み、装備品の実用化を加速します。

航空機産業は、今後20年間で旅客需要が約2倍になることが見込まれているなど大きな成長が期待できる産業であり、現在、約700億円である日本装備品市場が、本プロジェクトで新規参入を拡大し、飛躍的な成長を実現することにより、2倍を大幅に超える市場の拡大を目指し、本プロジェクトを推進していきます。

  • 装備品(航空機システム)の適用場所イメージ図
    装備品(航空機システム)の適用場所イメージ

2.採択テーマと委託予定先

【1】次世代エンジン用熱制御システム研究開発

航空機の電動化に伴い、エンジン潤滑油の冷却負荷、およびエンジン発電機の冷却負荷が増大するため、高効率で軽量コンパクトな熱制御システムの開発が求められています。

本テーマでは、熱制御システムの構成要素(ASACOC※1、HFCOC※2、OFCV※3)、および高効率で軽量コンパクトな熱制御システムの開発を行います。

<委託予定先>
住友精密工業株式会社

熱制御システムのイメージ

熱制御システムのイメージ

【2】次世代降着システム研究開発

航空機の電動化の流れを受け、脚揚降システムやブレーキシステムは既存の油圧式から電動式に移行しつつあり、燃費や信頼性、整備性の向上などが期待されています。また、航空機への搭載燃料削減やCO2排出量削減のため、地上走行時にエンジンを使用しないシステムが求められています。

本テーマでは、電動アクチュエータを用いた電動化脚揚降システム、牽引車やエンジン推力を使用せずに機体を地上走行させる電動タキシングシステム、および磁性流体等の外部磁界による磁化を利用した電磁ブレーキシステムの開発を行います。

<委託予定先>
住友精密工業株式会社

脚揚降システムのイメージ

脚揚降システムのイメージ

電動タキシングシステムのイメージ

電動タキシングシステムのイメージ

【3】次世代コックピットディスプレイ研究開発

将来のコックピットディスプレイには、従来求められてきた安全性や耐環境性、市場競争力に加え、今後の航空機の運航機体数増加による航空交通管制の大幅な見直しにより、機上での相互位置関係の認識や航路の協調的意思決定への対応が求められています。

本テーマでは、上記要求に適した、大画面・人間適応型形状ディスプレイモジュールの開発、およびタッチパネル機能の開発を行います。

<委託予定先>
横河電機株式会社

コックピットディスプレイのイメージ

【4】次世代空調システム研究開発

将来の電動化航空機では、増大する機器の発熱に対して、高効率な空調・冷却システムに対する需要が高まっています。また、将来の電動化航空機では機体各所で効率的な機器運用が求められるようになり、軸流ファンの風量・昇圧も必要に応じて調節できることが必要となります。

本テーマでは、冷媒の蒸発/凝縮による潜熱を利用して航空機の電子機器等の発熱を高効率(小型、軽量、低消費電力)で冷却可能な二相流体熱輸送システム、および作動状態(回転数)を可変制御できるスマート軸流ファンの開発を行います。

<委託予定先>
株式会社島津製作所

二相流体熱輸送システムのイメージ

二相流体熱輸送システムのイメージ

スマート軸流ファンのイメージ

スマート軸流ファンのイメージ

【5】次世代飛行制御/操縦システム研究開発

近年、民間航空機の規格等では多重性の要求が提唱されており、2チームがシステム設計や回路設計等を別々の思想で行い、同等の機能を有する機器を2種類製作することで多重性を確保する、またはバックアップシステムを用いて多重性を確保する試みがなされています。

本テーマでは、対気速度の計測に使用されるピトー管、エア・データ・コンピュータ(ADC)、アクチュエータ・コントロール・コンピュータ(ACC)、光通信(EO)、および電動アクチュエータ用のモータコントローラから構成される、操縦バックアップシステムの開発を行います。

<委託予定先>
東京航空計器株式会社

操縦バックアップシステムのイメージ

操縦バックアップシステムのイメージ

【用語解説】

※1 ASACOC
Advanced Surface Air Cooled Oil Coolerの略称で、航空機のエンジンが取り込む空気を利用して、エンジン潤滑油を冷却するための熱交換器です。
※2 HFCOC
Hybrid Fuel Cooled Oil Coolerの略称で、航空機に搭載している燃料を利用して、エンジン潤滑油を冷却するための熱交換器において、フィン形状をハイブリッド化したもの(2種類の異なる形状を組み合わせたもの)です。
※3 OFCV
Oil Flow Control Valveの略称で、エンジン潤滑油の流量を調節するためのバルブです。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO ロボット・機械システム部 担当:平林、飯田、井澤 TEL:044-520-5241

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、佐藤 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp