本文へジャンプ

Press Release

電力消費に応じてリアルタイムにエネルギー制御可能なシステムを開発

―オフィスビルに初導入し、実証試験開始へ―
2015年9月25日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOのプロジェクトを活用して、(株)竹中工務店は、太陽光発電、発電機、電気自動車などの分散型電源を直流で一括制御し、建物の電力消費に応じてリアルタイムに充放電することができるエネルギー制御システムMSEG(multi-source energy gateway)を開発し、TAK新砂ビルに初導入し、実証試験を開始しました。

今後は、実証データの蓄積を行い、さらなるシステムの充実を図るとともに、エネルギーマネジメントと災害等緊急停電時の事業継続・早期復旧の両方のニーズが高い建物に本システムを提案していく予定です。

  • 図 MSEGの構成と概要 TAK新砂ビル

1.概要

電力市場自由化に伴い、今後も引き続き多様な料金体系の設定が想定されています。料金を決定する電力デマンドの調整手段として、太陽光発電、EV充放電システムや蓄電システムが挙げられますが、現在、これらは各システムが独立して構成されており、総合的に電力が使用できるようにはなっていません。各システムを統括して使用するためには、各々のシステムにパワーコンディショナーが必要となりますが、この方式では停電などの非常時には交流の同期をとることができないため、有効利用ができないという弱点がありました。

今般、NEDOプロジェクトを活用して、株式会社竹中工務店は株式会社アイケイエスと共同で、パワーコンディショナー機能とバッテリー機能を一体化したSiCパワー・モジュール搭載型コンポーネントを開発、現状のSi型パワーデバイス搭載の制御システムと比較し、充放電時の電力ロスを約40%削減することに成功しました。また、リアルタイム制御システムを加えたMSEG(multi-source energy gateway)を開発し、オフィスビルであるTAK新砂ビル(東京都江東区)に初めて導入、実証試験を開始しました。

今回開発したMSEGは、太陽光発電、発電機、電気自動車など、最近のビルに採用されているさまざまな分散型電源をつないで一括して制御し、建物の電力消費に応じてリアルタイムに充放電することができます。これにより、刻々と変化するビルの電力消費に柔軟に対応し、ビルの電力デマンドを最適に調整することが可能になりました。

一般には、分散型電源で作られた電力を建物で利用する場合には、個別に直流を交流に変換することで効率の低下が生じるという課題がありましたが、本システムは、複数の電源から作られた電力を⼀括で直流制御することで、その問題を解決しました。さらに一括して制御できるため、停電時にも複数の電源から安定した電力供給が可能です。

2.今後の予定

今後は、初導入したTAK新砂ビルでの実証データの蓄積を行い、さらなるシステムの充実を図るとともに、オフィスビルを始め集合住宅や学校、大型ショッピングセンター、駅ビルなどのエネルギーマネジメントと、災害等緊急停電時の事業継続・早期復旧の両方のニーズが高い建物に提案していく予定です。

【用語解説】

※NEDOプロジェクト
2012年度から実施している「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」のことで、本プログラムでは、「省エネルギー技術戦略」で掲げられた産業、家庭・業務、運輸部門等における日本の省エネルギーに寄与する14の重要技術を中心に、中小・ベンチャー企業、大手企業、大学、研究機関などに対して、開発・導入シナリオの策定等から事業化まで切れ目のない支援を実施しています。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 省エネルギー部 担当:木下、杉村 TEL:044-520-5281

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、佐藤 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp