本文へジャンプ

Press Release

歩行訓練補助用の装着型ロボットに国際安全規格

―「ISO13482」の認証を取得―
2015年10月14日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDO生活支援ロボット実用化プロジェクトの成果をもとに、本田技研工業(株)は、「Honda歩行アシスト」について、生活支援ロボットの安全性に関する国際安全規格ISO13482の認証を10月14日付で日本品質保証機構(JQA)から取得しました。

この認証取得によって、装着者の歩行訓練の補助を目的とした装着型ロボットとしての安全性が国際基準を満たしていることが認められ、今後の普及が期待されます。

なお、本田技研工業(株)は、「Honda歩行アシスト」を2015年11月より法人向けにリース販売する予定です。

  • 写真 歩行訓練補助用装着型ロボットとしてISO13482認証を取得した「Honda歩行アシスト」
    歩行訓練補助用装着型ロボットとしてISO13482認証を取得した「Honda歩行アシスト」

1.概要

日本では、少子高齢化が急速に進展しており、労働力の不足が懸念されています。このため、ロボット技術は産業分野だけではなく、介護・福祉、家事、安全・安心等の生活分野への適用が期待されています。しかしながら、生活分野におけるサービスロボットの安全性技術に関する国内外の規格は未整備です。そのために、民間企業独自の取組では技術開発も産業化も加速されないことから、安全性基準に関する国際標準等の整備が求められておりました。

NEDOが2009年から5年間実施した「生活支援ロボット実用化プロジェクト」※1では、産業化が期待されるロボットを対象にプロジェクトに参画するロボットメーカー、試験研究機関および認証機関等が綿密に連携しながら、本質安全・機能安全の試験を行い、安全性等のデータを取得・蓄積・分析して具体的な安全性検証手法の研究開発を行ってきました。このプロジェクトの開発拠点として、茨城県つくば市に「生活支援ロボット安全性検証センター」を設置し、現在、各種生活支援ロボットの安全性検証試験を実施しております。

また、本プロジェクトでは、生活支援ロボット(Personal Care Robot)の国際安全規格ISO13482※2の発行に貢献するとともに、認証手法の開発を行ってきました。この認証を受けることにより、第三者が安全性を確認したこととなり、生活支援ロボットに対する安全性評価が高まり、普及を促す効果があります。

2.今回の成果

NEDO生活支援ロボット実用化プロジェクトの成果をもとに、本田技研工業株式会社は、新製品である装着型ロボット「Honda歩行アシスト」について、生活支援ロボットの国際安全規格ISO13482の認証を一般財団法人日本品質保証機構(JQA)※3から取得しました。この装着型ロボットは、装着者の歩行訓練の補助を目的としたものです。

今回の認証は、本田技研工業株式会社の安全設計、および認証取得に必要なデータ整備等の知見と日本品質保証機構(JQA)の生活支援ロボットの認証手法の開発が、国際安全規格ISO13482への適合に活用され、取得に至ったものです。このISO13482認証取得によって、当該製品の安全性が国際基準を満たしていることが認められ、利用者などに対する安心と信頼性を高めることができ、今後の普及が期待されます。

3.今後の予定

本田技研工業株式会社は、「Honda歩行アシスト」を歩行訓練の補助を目的として、2015年11月より法人向けにリース販売する予定です。

NEDOは、生活支援ロボット実用化プロジェクトに参画した他のロボットの認証の早期実現を推進します。さらに日本発の安全性を高めたロボットの研究開発や安全性の試験および認証事業に係る環境整備等を促し、日本が誇る安全なロボットの世界的な普及、利用の促進やロボット産業の発展、労働者不足等に貢献します。

【用語解説】

※1 生活支援ロボット実用化プロジェクト
NEDOの委託事業として2009年度から2013年度の期間で実施された、生活支援ロボットの安全技術の開発と安全性検証手法の開発を行うプロジェクトです。本田技研工業株式会社は、当該プロジェクトの研究開発項目「安全技術を導入した人間装着(密着)型生活支援ロボットの開発」を受託・実施しました。その成果は同社製品に導入されています。
※2 国際安全規格ISO13482
ISO13482"Robots and robotic devices — Safety requirements for personal care robots"は、生活支援ロボット(personal care robot)の安全性に関する国際安全規格です。この規格はNEDO生活支援ロボット実用化プロジェクトの参画メンバーが中心となって草案を作り、2014年2月1日に正式発行されました。
※3 一般財団法人日本品質保証機構(JQA)
1957(昭和32)年設立。(理事長:小林 憲明、所在地:東京都千代田区) ISO認証やJIS認証、電化製品の検査・試験、計測器の校正を行う日本の第三者機関。

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO ロボット・機械システム部 担当:木村、飯田、齊藤 TEL:044-520-5241

本田技研工業株式会社 広報部 商品・技術広報ブロック 担当:市川 TEL:03-5412-1514

一般財団法人日本品質保証機構 企画部 広報課 担当:斉藤、原 TEL:03-4560-5420

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:坂本、佐藤、高津佐 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp