本文へジャンプ

Press Release

タイでバイオエタノール製造コスト削減技術を実証

―スケールアップ機での製造コスト目標達成へ―
2015年11月12日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOとタイ科学技術省国家イノベーション庁(NIA)は、タイ国内に設置したバイオエタノールの製造プラントで進めてきた1年半に及ぶ運転で、高温発酵酵母の使用と、糖化と発酵を同時に進める操作方法(並行複発酵)を組み合せて、設備費の削減等を実証しました。

このパイロットプラントでの実証運転で得た知見、データから、スケールアップ機での製造コスト目標15タイバーツ/ℓが可能となり、バイオエタノール製造コスト削減技術の有効性を明らかにしました。

NEDOとNIAは、今回の成果を広く普及させるために、バンコク市内で、11月11日にキャッサバ産業関係者らを対象に普及セミナーを開催しました。

1.概要

NEDOは、タイ科学技術省国家イノベーション庁(NIA)と2011年度から実証事業(委託先:サッポロビール株式会社/磐田化学工業株式会社)を開始し、2014年4月にプラントをタイ王国サケーオ県のEBP Ethanol社敷地内で竣工し、バイオエタノール製造コスト目標達成のための実証運転を続けてきました。この実証運転の成果を普及させる事により、食料と競合しない未利用資源の有効利用を進めて、同国におけるバイオ燃料増産に貢献し、温室効果ガスの排出削減を行います。

実証事業では、目標達成のために高温発酵酵母を開発、使用し、糖化と発酵を同時に進める操作方法(並行複発酵)を組み合せて、発酵工程における冷却エネルギーの低減、さらに酵素を投入するタイミング・投入量を工夫することにより、発酵液粘度を下げることに成功し、設備費の削減等を実証しました。

その結果、80kℓ/年のバイオエタノール製造能力を持つパイロットプラントでの実証運転で得た知見、データから、スケールアップ機(商用機)を建設した場合、製造コスト目標15タイバーツ/ℓを達成可能となり、バイオエタノール製造コスト削減技術の有効性を明らかにしました。

今回の技術の有効性をキャッサバパルプエタノールの事業化に興味を持っている方々に対して周知するために、11月11日、タイ国バンコク市内にて普及セミナーを開催しました。日本側はNEDO土屋理事、委託先であるサッポロビール株式会社と磐田化学工業株式会社の技術員ら、タイ側は、NIAパンアー長官、キャッサバ産業関係者、商社、エネルギー関連企業、化学系企業、学界関係者ら総勢約50名が出席しました。

【パイロットプラントにおけるキャッサバパルプからのバイオエタノール製造工程フロー】

  • 粉砕工程: キャッサバパルプを細かくする工程
  • 液化工程: キャッサバパルプを加水分解する工程
  • 発酵工程: アルコールを造る工程
  • 蒸留・脱水工程: アルコールを取り出し、精製する工程

  • キャッサバパルプからのバイオエタノール製造工程フロー図

2.今後の予定

今後、タイ国内にとどまらず、キャッサバイモの栽培を行っている東南アジア地域への本技術の普及拡大により、温室効果ガスの排出削減を目指します。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 新エネルギー部 担当:澤 TEL:044-520-5271

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:坂本、佐藤、髙津佐 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp