本文へジャンプ

Press Release

地熱発電の導入拡大へ新たな研究開発テーマに着手

―環境保全を考慮したバイナリー発電などを開発へ―
2016年1月14日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、地熱発電の導入拡大に向け、環境保全を考慮したバイナリー発電システムや、地熱熱水に含まれるシリカ成分が析出し、配管や還元井に付着することを防止する技術など新たな研究開発テーマに着手します。

これらの研究開発により、今後のさらなる地熱資源の有効活用、地熱発電の導入拡大を目指します。

1.概要

2011年の東日本大震災以降、再生可能エネルギー導入拡大が望まれる中、世界第3位となる地熱資源を有する日本では、ベースロード電源として活用可能な地熱発電が大きな注目を集めています。

NEDOは、「地熱発電技術研究開発」(2013~2017年度)において、地熱資源の有効活用、地熱発電の導入拡大を促進することを目的とした技術開発を行っており、今般新たに環境保全を考慮したバイナリー発電システム※1やシリカスケール※2付着防止技術などの研究開発テーマに着手します。

これらの研究開発により、今後のさらなる地熱資源の有効活用、地熱発電の導入拡大を目指します。

2.採択テーマと委託・共同研究予定先

【1】事業採算性と環境保全を考慮したバイナリー発電システムに供するタービン発電機の開発設計

<共同研究予定先>丸和電機株式会社

地球温暖化係数の小さい低沸点媒体を採用し、環境負荷軽減が可能な高効率地熱バイナリー発電機を開発設計します。磁気浮上軸受の採用により潤滑装置を不要にし、より低コストで環境にやさしいバイナリー発電機の導入を目指します。

【2】温泉と共生した地熱発電のための簡易遠隔温泉モニタリング装置の研究開発

<委託予定先>横河電機株式会社

温泉の湧出状況を、連続的かつ遠隔でモニタリングできる、安価な計測装置を開発します。開発する計測装置は、温度計、流量計、電気伝導度計、通信モジュール等を一体化したコンパクトなものとし、発電事業者や温泉事業者が、温泉の状況を容易に把握できることを目指します。

【3】還元熱水高度利用化技術(熱水中のスケール誘因物質の高機能材料化による還元井の延命・バイナリー発電の事業リスク低減)

<委託予定先>地熱技術開発株式会社、公立大学法人北九州市立大学、日揮株式会社

還元熱水中に含まれるシリカを、精密鋳造用バインダー用途等に利用可能な品位で回収し、地熱熱水から高付加価値の工業用材料を製造する技術開発を実施します。スケールの原因物質であるシリカを有用な資源として回収することで、これまで課題とされてきた還元井へのシリカスケール付着を減じて還元井の延命化を図るとともに、還元熱水の低温度化を活用したバイナリー発電導入可能性の検討も併せて行うことで、地熱発電の事業採算性向上を目指します。

【4】シード循環法によるシリカスケール防止技術の研究開発

<委託予定先>国立大学法人富山大学、国立大学法人九州大学、三菱マテリアルテクノ株式会社

地熱発電所の配管等におけるシリカスケール付着防止対策として、熱水中の過飽和シリカを、シード循環法※3で効率的に除去する技術を開発します。これにより、地熱発電所の配管や還元井の閉塞リスクの低減を目指します。

【用語解説】

※1 バイナリー発電システム
地下から取り出した熱水を熱源として、水より沸点の低い液体と熱交換し、蒸発させ、その蒸気でタービンを回す発電方式である。
※2 シリカスケール
地熱熱水に含まれるシリカ成分が、地下では高温・高圧状態にあるため溶解しているが、温度、圧力の変化により溶解度が変化するとシリカが析出し、配管や還元井に付着することがある。特に、還元熱水から熱を回収し熱水温度が低下すると、シリカが析出しやすい。
※3 シード循環法
熱水中にシリカ吸着能力を有するシード(種結晶)となる物質を繰り返し添加し、これに過飽和シリカを吸着させることで、濾過・分離しやすい形にする方法。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 新エネルギー部 担当:実島、和田、田中(彰)、安生 TEL:044-520-5183

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:坂本、佐藤、髙津佐 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp