本文へジャンプ

Press Release

NEDOプロジェクトの成果に「経済産業大臣賞」

―第36回優秀省エネルギー機器表彰―
2016年2月4日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOのプロジェクトの成果が、日本機械工業連合会が実施している第36回優秀省エネルギー機器表彰の「経済産業大臣賞」を受賞しました。

今回受賞した製品は、三菱電機(株)が開発した「鉄道車両用フルSiC適用電力回生・高調波損失低減システム」で、小田急電鉄(株)の通勤車両1000形リニューアル車に搭載され、世界初の営業線適用を果たしました。

  • 写真 フルSiCパワーモジュールを適用したインバーター装置外観
    フルSiCパワーモジュールを適用したインバーター装置外観

1.概要

NEDOのプロジェクト「低炭素社会を実現する新材料パワー半導体プロジェクト」の成果が、一般社団法人日本機械工業連合会が実施している第36回優秀省エネルギー機器表彰の「経済産業大臣賞」を受賞しました。

優秀省エネルギー機器表彰は、優秀な産業用省エネルギー機器の開発、実用化を通じて、エネルギーの効率的利用の促進に貢献していると認められる企業、企業グループを表彰し、もって優秀な省エネルギー機器の普及を図るとともに、省エネルギー機器の開発を促進しようとする制度です。

今回受賞した製品は、三菱電機株式会社が開発した「鉄道車両用フルSiC適用電力回生・高調波損失低減システム」です。本製品は、ダイオードのみSiC※1化した「ハイブリッドSiC」から、さらにトランジスタもSiC化した「フルSiCパワーモジュール」を適用したVVVFインバーター装置※2です。本装置は小田急電鉄株式会社の通勤車両1000形リニューアル車に搭載され、世界初の営業線適用を果たしました。

本賞の表彰式は、2月4日に行われました。

<受賞概要>

【経済産業大臣賞】

受賞案件: 
鉄道車両用フルSiC適用電力回生・高調波損失低減システム
受賞者: 
三菱電機株式会社

その他の受賞案件等につきましては、日本機械工業連合会のページをご参照ください。

【用語解説】

※1 SiC
シリコンカーバイド(炭化ケイ素)。ケイ素と炭素の化合物で、これを用いて作った半導体デバイスと従来のシリコン半導体デバイスを比べると、内部の電力損失が1/100と小さく、高い周波数・高い温度(300℃程度まで。Siの場合は100℃程度まで)で使用することができる。
※2 VVVFインバーター装置
交流モータを任意の周波数と電圧で駆動させる可変電圧可変周波数制御装置。

2.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 電子・材料・ナノテクノロジー部 担当:間瀬、柚須 TEL:044-520-5211

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、佐藤  TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp