本文へジャンプ

Press Release

洋上風力発電の観測データを公表

―千葉県銚子沖と福岡県北九州市沖の実証研究成果―
2016年3月23日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOはこの度、千葉県銚子沖と福岡県北九州市沖などで取り組んできた着床式洋上風力発電の実証研究の成果の一部として風況、海象及び風車の発電観測データを公表しました。

NEDOは、今回公表した洋上の風況特性等を示すデータが洋上風力発電の導入に活用されることを期待するとともに、引き続き2016年度の事業終了までに得られる観測データを随時公表します。

  • 銚子沖と北九州市沖の洋上風車・観測タワーの写真

1.概要

NEDOは、国内で初めての沖合における洋上風力発電の実現に向け、千葉県銚子沖と福岡県北九州市沖の2カ所で、風向と風速を観測する洋上風況観測タワーと実際に洋上で発電を行う洋上風車を実海域に設置するプロジェクトを2009年度より実施しており、銚子沖では2013年3月より、北九州市沖では2013年6月より運転を開始し、実証研究を行っています。

このたび、その実証研究の成果の一部として、銚子沖と北九州市沖における風向・風速等の風況観測データ、有義波高・流速等の海象観測データ、および発電電力量・設備利用率の風車観測データを公表しました。

これまで、洋上の風況・海象データを長期間にわたり取得したものを公表した例はほとんど見られませんでした。NEDOは、今回公表した洋上の風況特性等を示すデータが洋上風力発電の導入に活用されることを期待するとともに、引き続き風況・海象データを観測し、随時公表します。

2.公表データの概要

【風況】(2013年1月~12月)

  • 風速別階級別の頻度分布(年間平均値)
  • 風向出現率(年間平均値)
  • 平均風速の鉛直分布(年間平均値)
  • 風速階級別の乱流強度分布(年間平均値)
  • 平均風速とデータ取得率(月別平均値)
  • 平均乱流強度(月別平均値)

【海象】(2013年1月~12月)

  • 有義波高の階級別頻度分布(年間平均値)
  • 有義波周期の階級別頻度分布(年間平均値)
  • 波高と周期の頻度表(年間平均値)
  • 平均有義波高・データ取得率(月別平均値)
  • 平均有義波周期・データ取得率(月別平均値)
  • 流速の頻度分布(年間平均値)
  • 流向の頻度分布(年間平均値)
  • 平均流速の鉛直分布(年間平均値)
  • 平均流速・データ取得率(月別平均値)

【風車】(2013年6月~2014年5月)

  • 発電電力量、設備利用率(風速データに基づく推計値を含む)

詳細はNEDOのウェブサイトからご覧いただけます。

3.今後の予定

銚子沖と北九州市沖での実証研究は、2016年度まで実施する予定です。今後、事業終了までに得られた観測データは随時公表する予定です。

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 新エネルギー部 担当:木村、梯(かけはし) TEL:044-520-5273

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:佐藤、髙津佐、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp