本文へジャンプ

Press Release

NEDOプロジェクトの成果に「科学技術賞」

―文部科学大臣表彰―
2016年4月20日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川 一夫 

NEDOプロジェクトの成果が、文部科学大臣表彰の「科学技術賞(開発部門)」を受賞しました。

今回、単層カーボンナノチューブ(単層CNT)について、革新的な合成手法であるスーパーグロース(SG)法を開発した産業技術総合研究所と、これを量産技術化した日本ゼオン(株)が表彰されました。

  • (左写真)完成したSGCNT量産工場 (右写真)基板上に製造されたSGCNT

1.概要

NEDOプロジェクトの成果が、科学技術分野の文部科学大臣表彰「科学技術賞(開発部門)」を受賞しました(2016年4月12日文部科学省発表)。

文部科学大臣表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、日本の科学技術水準の向上に寄与することを目的に文部科学省が定めている表彰制度です。その中で、「科学技術賞(開発部門)」は、日本の社会経済、国民生活の発展向上等に寄与し、実際に利活用されている(今後利活用が期待されるものを含む)画期的な研究開発若しくは発明を行った方に送られる賞です。

今回の受賞は、日本が世界をリードしているナノ炭素材料の単層カーボンナノチューブ(単層CNT)※1に関し、産業技術総合研究所(産総研)畠賢治博士らが見出した革新的な単層CNTの合成法であるスーパーグロース法(SG法)※2の開発と、その合成法を量産技術化し、2015年11月に世界初の高品位単層CNT(SGCNT)量産工場を建設・稼働させた、日本ゼオン(株)を対象としたものです。CNTは、軽量、高強度、さらに電気や熱の伝導率が高いことから、さまざまな用途への利用が期待されています。

単層CNTは、軽量、高強度、さらに電気や熱の伝導率が高いことから、さまざまな用途への利用が期待されており、これまでNEDOでは、「ナノカーボン応用製品創製プロジェクト」(2003~2005年度)においてSG法基盤技術開発、「カーボンナノチューブキャパシタ開発プロジェクト」(2006~2010年度)において量産技術開発を産総研、日本ゼオンと共に進めてきました。さらに、産総研と日本ゼオンは、2009年度経済産業省補正予算事業により量産実証プラントの建設を開始し、2011年よりサンプル提供による技術普及活動を進め、2015年11月の工場竣工に至りました。さらに、現在、NEDOでは「低炭素社会を実現するナノ炭素材料実用化プロジェクト」(2010~2016年度)において、ナノ炭素材料応用製品の創出を目指した実用化技術開発ならびに応用基盤研究開発を行っています。

なお、本賞の表彰式は、4月20日に文部科学省で行われました。

<受賞概要>

【文部科学大臣表彰】 科学技術賞 開発部門

受賞案件: 
スーパーグロース法単層カーボンナノチューブの量産技術開発
受賞者: 
国立研究開発法人産業技術総合研究所 ナノチューブ実用化研究センター
  畠 賢治 研究センター長、湯村 守雄 首席研究員、FUTABA DON NORIMI 研究チーム長
日本ゼオン株式会社
  荒川 公平 特別経営技監、上島 貢 CNT研究所所長

【用語解説】

※1 単層カーボンナノチューブ(単層CNT)
カーボンナノチューブは、炭素原子だけで構成される直径が0.4~50nmの一次元性のナノ炭素材料である。その化学構造は、グラファイト層を丸めてつなぎ合わせたもので表され、層の数が1枚だけのものを単層カーボンナノチューブと呼び、グラファイト層の巻き方(らせん度)に依存して電子構造が金属的になったり半導体的になったりする。
※2 スーパーグロース法(SG法)
2004年、産業技術総合研究所 畠賢治博士らによって見出された単層CNTの合成手法。化学気相成長(CVD)法を用いた単層CNT合成法であり、高温に加熱した加熱炉内で単層CNTを合成する際に、水分を極微量添加することにより、触媒の活性時間および活性度を大幅に改善した方法。従来の500倍の長さに達する高効率成長、従来の2,000倍の高純度単層CNTを合成することが可能である。さらに、配向性も高く、マクロ構造体も作製できる。

2.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 材料・ナノテクノロジー部 担当:小久保、尾上、畠 TEL:044-520-5220

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、佐藤 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp