本文へジャンプ

Press Release

「スマートコミュニティサミット2016」を開催へ

―電力ビジネスの課題とスマートコミュニティによる解決策を展望―
2016年5月13日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、スマートコミュニティ・アライアンス(JSCA)と共同で、6月15、16日に東京ビッグサイト(東京国際展示場)で「スマートコミュニティサミット2016」を開催します。

本サミットでは、電力の小売り全面自由化など、電力事業ビジネスモデルの変革を踏まえ、国内外の専門家による講演やパネルディスカッションを通して今後の課題や解決方法などを展望。国内外の先進的な実証事例を紹介し、ビジネス・技術などさまざまな観点からスマートコミュニティに関する情報の提供や意見交換を行います。

また、同時開催の展示会「スマートコミュニティJapan2016」に出展、NEDOのスマートコミュニティ海外実証事業をわかりやすく情報発信します。

1.概要

NEDOとJSCA※1は、スマートコミュニティ分野における国内外の第一線の専門家が一堂に会し、先進的な取り組みや課題について情報提供や意見交換を行い、スマートコミュニティの実現に向けた活動の活性化を図ることを目的として、2010年からスマートコミュニティサミットを毎年開催しています。

15日は、電力の小売り全面自由化など、電力事業ビジネスモデルの変革が進みつつあることを踏まえ、今後の課題や解決方策などを展望。海外の先行事例紹介を行うとともに、今後日本国内でも必要となり得る制度や技術を含め、電力需給の将来展望について国内外の専門家によるパネルディスカッション形式で紹介します。また、これら課題や解決手段の一部を先取りしたニューメキシコ実証※2について、その狙いと成果を報告します。

16日は、実証プロジェクト事例として、国内外の主要な実証プロジェクトの紹介をカテゴリー別に紹介。再生可能エネルギーの導入が拡大する中、需給バランスを取る手段として注目されるデマンドレスポンス※3といったデマンドサイドの役割・可能性について展望します。また、最先端技術を用いたマイクログリッド実証が行われている世界各国の島嶼域の事例や、分散型社会において蓄電設備同様に需給調整へ果たす役割も期待される電気自動車(EV)を用いた実証事例を紹介します。

また、同時開催の展示会「スマートコミュニティJapan2016」に出展し、NEDOのスマートコミュニティ海外実証事業の最新の進捗や成果を、タッチパネルや実機などを用いてわかりやすく情報発信します。

2.「スマートコミュニティサミット2016」開催要領

名 称:
スマートコミュニティサミット2016
会 期:
2016年6月15日(水)~6月16日(木)
会 場:
東京ビッグサイト(東京国際展示場)会議棟レセプションホールA
主 催:
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
スマートコミュニティ・アライアンス(JSCA)
登録費:
無料
登 録:

プログラム概要(予定)

6月15日(水) (日英同時通訳あり)
講演内容・講演者
開会挨拶

NEDO 理事長 古川 一夫
JSCA 会長 三菱電機株式会社 取締役会長 山西 健一郎 氏

来賓挨拶

経済産業省

セッション〔1〕:電力事業ビジネスモデルの変革と対応
Part1:海外先行事例(講演)

モデレータ

東京電機大学 工学部 教授 加藤 政一 氏

講演者

・「インテグレーティッド・グリッド形成のための様々な国際的協力」
米国電力中央研究所(EPRI) 情報・通信・サイバーセキュリティー(ICCS)
担当ディレクター Matt Wakefield 氏 等

Part2:分散電源の普及に伴う電力供給のあり方(パネルディスカッション)

モデレータ

東京電機大学 工学部 教授 加藤 政一 氏

パネリスト

米国電力中央研究所(EPRI) 情報・通信・サイバーセキュリティー(ICCS) 担当ディレクター Matt Wakefield 氏
東京電力ホールディングス株式会社 常務執行役 経営戦略研究所長 岡本 浩 氏
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授 横山 明彦 氏 等

Part3:ニューメキシコ実証からの示唆(講演)

・「ニューメキシコ実証の本質」
NEDO スマートコミュニティ部 統括研究員 諸住 哲

6月16日(木) (日英同時通訳あり)
時間 講演内容・講演者
セッション〔2〕:様々な実証プロジェクトの経験
Part1:グリッドパリティ後のデマンドサイドの役割、可能性(講演)

挨拶

NEDO スマートコミュニティ部長 有倉 陽司

講演

・「シュパイヤー市スマート・コミュニティ・プロジェクト」
シュパイヤー市長 (ドイツ) Hansjörg Eger 氏

・「グリッドパリティ実現後の需要サイドの役割」
グレーター・マンチェスター自治協会(AGMA) 環境局長 Mark Atherton 氏 等

Part2:島嶼域マイクログリッド(講演)

挨拶

NEDO スマートコミュニティ部 主幹 林 成和

講演

・「宮古島市における島嶼型スマートコミュニティの取り組みについて」
宮古島 市企画政策部 エコアイランド推進課 エコアイランド推進係長 三上 暁 氏

・「隠岐諸島におけるハイブリッド蓄電池システム実証事業の概要」
中国電力株式会社 流通事業本部 設備システム部長 水津 卓也 氏

・「再生可能エネルギー100%の未来に向けたハワイスマートテクノロジー実証実験」
ハワイ大学 ハワイ自然エネルギー研究所 GridSTART チーフテクノロジスト Leon R. Roose 氏

Part3:分散型社会におけるEVの可能性(講演)

挨拶

NEDO スマートコミュニティ部 統括主幹 本間 英一

講演

・「スペインマラガZEM2ALLプロジェクト」
三菱重工業株式会社 交通・輸送ドメイン 先進事業開発推進室 主任 矢野 真也 氏

・「カリフォルニアにおける公共充電網整備によるEV行動範囲拡大実証」
日産自動車株式会社 渉外部 担当部長 堀江 浩史 氏

・「高速充電ネットワークの構築及び利用」
NRG EVgo 副社長 Terry O’Day 氏

閉会挨拶
NEDO 理事 渡邉 誠

3.展示会への出展(NEDOブース概要)

名  称:
スマートコミュニティJapan2016
会  期:
2016年6月15日(水)~6月17日(金)
会  場:
東京ビッグサイト(東京国際展示場)東2、3ホール
NEDOブース小間番号:東2ホール SC1-02
入場料:
無料
公式サイト:

「スマートコミュニティJapan2016」では、NEDOのスマートコミュニティ海外実証事業における最新の進捗や成果に関して、タッチパネルや実機の展示などにより、わかりやすく情報発信します。加えて、展示会場内にもプレゼンテーションブースを設置し、NEDOの最先端の取り組みを紹介する予定です。

【用語解説】

※1 JSCA(スマートコミュニティ・アライアンス)
スマートコミュニティの国際展開、国内普及に貢献するため、業界の垣根を越えた経済界全体としての活動を企画・推進する組織として2010年4月に設立。行政ニーズの集約、障害や問題の克服、公的資金の活用に係る情報の共有などを通じ、官民一体となってスマートコミュニティの推進を目指す。
(参考URL:https://smart-japan.org/
※2 ニューメキシコ実証
NEDOが、日米共同プロジェクトとして、2009年度から2014年度まで米国ニューメキシコ州で取り組んだスマートグリッド実証事業。ニューメキシコ州アルバカーキとロスアラモスの2つの実証サイトにおいて、同州政府や米エネルギー省傘下の国立研究所などと共同で実施。大量の再生可能エネルギーを配電系統に導入した場合の課題解決などを目的に、日本のスマートグリッド関連技術を実証した。
※3 デマンドレスポンス
電力の供給量に応じて電力を利用する側が需要量を変動させること。

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO スマートコミュニティ部 担当:寺門、近藤、鈴木 TEL:044-520-5269

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:佐藤、髙津佐、坂本、鈴木(智) TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp