本文へジャンプ

Press Release

NEDOと川崎市が次世代産業推進に関する協定を締結

―川崎市内の企業を連携支援―
2016年6月29日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
川崎市

NEDOと川崎市は、次世代産業の推進に関する協定を締結しました。

これを契機に、先端的な技術シーズを活かして事業化を進める川崎市内の企業等を連携して支援し、オープンイノベーションを通じた次世代産業の推進を図ることで、地域社会の持続的な発展に貢献します。

なお、NEDOが市町村との連携協定を締結するのは、全国初となります。

1.概要

NEDOと川崎市は、6月29日、次世代産業の推進に関する協定を締結しました。

本協定は、「先端的技術や中小企業・ベンチャー企業の発掘・育成」、「新たな活力と社会的仕組みを創造するイノベーションの推進」、「環境配慮型社会の構築及び次世代へ向けた環境意識啓発や科学教育の推進」等について、NEDOと川崎市が連携し協力を進めていくものです。

本協定を契機に、NEDOと川崎市は先端的な技術シーズを活かして事業化を進める川崎市内の企業等を連携して支援し、オープンイノベーションを通じた次世代産業の推進を図ることにより、日本の経済発展に寄与するとともに、地域社会の持続的な発展につなげることを目指します。

これまでNEDOは、埼玉県、静岡県、福井県の3県と連携協定を締結していますが、今回、市町村との連携協定を締結するのは、全国初となります。

2.主な取り組み内容

【1】特許マッチング・知財コーディネーター派遣の拡充

NEDOのプロジェクトで創出された1万件以上の特許の中から、中小企業との特許マッチングの実施を行います。またそれにあわせ、川崎市の知財コーディネーター派遣の拡充を行い、研究開発の成果である知的財産の活用・実用化開発を共同で推進します。

  • 図:知的財産の活用・実用化開発の推進体制

【2】川崎市内の有望な中小企業・ベンチャー企業の発掘、育成の推進

NEDOが有望企業の発掘のために、各地方において公募説明会・相談会を実施する 「ベンチャーキャラバン」などを、川崎市内で川崎市と合同開催します。

また、NEDOが有する専門家や投資家とのネットワークを川崎市に紹介するとともに、川崎市が民間団体等と連携して行う企業支援の取り組みに対してNEDOが講師を派遣するなど、NEDOの支援ノウハウを川崎市の取り組みに活用し、市内の中小企業・ベンチャー企業の育成を共同で推進します。

  • 図:川崎市内の中小企業・ベンチャー企業育成の推進体制

【3】研究開発補助金の審査体制の充実

川崎市の産学共同研究開発プロジェクト補助金の拡充を行い、その補助事業審査にNEDOが参画することにより、新技術、新製品開発、研究開発に関する優れた案件を共同で発掘していきます。

  • 図:川崎市の産学共同研究開発プロジェクトにおける協力体制

【4】インキュベーション施設の活用

NEDOが支援する事業者を始めとする市内外の中小企業・ベンチャー企業等に対して、川崎市とNEDOが連携した説明会等の情報発信を実施し、川崎市が運営するインキュベーション施設「かわさき新産業創造センター」等の研究機器等の利用を通じた、中小企業・ベンチャー企業の研究開発支援に取り組みます。

  • 写真:かわさき新産業創造センター(左:新館、右:本館)/ センター内の研究機器

【5】ウェルフェアイノベーションの推進

新たなイノベーションの創出を図るため、「川崎市ウェルフェアイノベーションフォーラム」の参画に加え、福祉製品認証制度「かわさき基準(KIS)」の製品評価を担う「かわさき基準推進懇談会」のメンバーに新たにNEDOが参画します。また認証の審査協力などNEDOの持つ知見を川崎市で展開します。

図:KIS認証製品KIS認証製品

  • 左:サンリフトミディ低床・スリングシートベーシック(移乗用具)
  • 中上:ICT治具(ホームページ作成ソフト)
  • 中下:ブンネ・メソッド(認知症音楽療法)
  • 右上:マイトビーC15Eye(視線入力意思伝達装置)
  • 右下:ロボットスーツHALシリーズ

ウェルフェアイノベーションの推進における具体的事例

図:製品のシステムNEDOの支援を受けたベンチャーが持つ技術シーズを、川崎市のウェルフェアイノベーション研究開発プロジェクトにおいて活用する具体的な事例として、「自立排泄支援プロジェクト」が今夏始動します。このプロジェクトは、NEDOが事業化支援を行ってきたベンチャーが開発する製品について、川崎市の介護施設をフィールドに実証実験するもので、介護負担の大きい排泄ケアに役立つ研究として、要介護度維持改善や在宅ケアモデルの推進など川崎市の福祉課題の解決につながることが期待されます。

【6】市内公共施設の利用など実証フィールドの提供

NEDOプロジェクトの研究開発・実証に際し、川崎市は公共施設の利用など実証フィールドの提供を行います。

本年7月から、川崎市の協力の下、NEDOのインフラ維持管理・更新等社会課題対応システム開発プロジェクトの一環として、市内の橋梁で点検の実証を開始します。これにより、NEDOと川崎市は、社会課題に対応するロボットの普及促進、ロボット産業の活性化を目指します。

  • 写真:点検状況の例
    点検状況の例
  • 写真:実証フィールド(上子橋:中原区)
    実証フィールド(上子橋:中原区)

【7】環境配慮型社会の構築

低炭素社会やスマートシティ、水素社会等の実現に向け、川崎市の様々な協議会、会議体等に対するNEDOの参画や、各種プロジェクトの創出・推進における協力、最新の技術や取り組みの情報発信に共同で取り組みます。

  • 図:環境配慮型社会の構築に向けた協力体制

【8】環境意識啓発や科学教育の推進

川崎市内における環境意識啓発イベントの開催や科学技術副読本の作成など、互いの知見を有効に活用しながら学習機会を市民に幅広く提供することにより、市民への環境意識啓発や科学教育の推進に連携して取り組みます。

  • 写真(左)さいわい子どもエコフェア (右)副読本「川崎サイエンスワールド」

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 総務部 担当:吉田 TEL:044-520-5100
川崎市市民文化局コミュニティ推進部協働・連携推進課 担当:井上 TEL:044-200-2017

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、佐藤、坂本、藤本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp