本文へジャンプ

Press Release

太陽光発電の大量導入社会を支えるプロジェクトを拡充

―設計・維持管理の安全確保ガイドラインを作成、低コストリユース技術も開発へ―
2016年6月28日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、太陽光発電の大量導入社会を支えるプロジェクトとして、設計や維持管理の安全確保について3テーマ、使用済みモジュールのリユース技術開発について2テーマを新たに採択しました。

具体的には、太陽光発電システムの構造安全や電気安全等の課題に関する調査、研究、実証実験を実施し、安全確保のための設計ガイドラインを作成。また、使用済み太陽電池モジュールの回収、運搬、分別、修復等の技術開発を進めます。

NEDOは、これらのプロジェクトを通じ、太陽光発電システムの長期信頼性向上や循環型社会システムの構築を目指します。

1.概要

【1】太陽光発電システムの安全確保のための実証

(太陽光発電システム効率向上・維持管理技術開発プロジェクト(2014~2018年度)の研究開発項目IVとして2016~2018年度に実施予定)

設計や施工が不十分な太陽光発電システムの太陽電池モジュールが強風で飛ばされることや、水害によって水没した太陽電池モジュールの感電リスクが懸念されること等により、改めて太陽光発電システムの安全性が注目されています。太陽光発電システムの早期安全確保のためには、基準となる設計や施工および災害対応をまとめた指針を作成し、周知していく必要があります。

そこで、NEDOは太陽光発電システムの構造や電気系統設備の安全性等の課題に関する調査、研究、実証実験等を実施し、太陽光発電システム安全確保のための設計ガイドラインを作成します。

採択テーマと委託予定先は、以下の通りです。

1 「太陽光発電設備の安全化に関する実証試験および研究」
国立研究開発法人産業技術総合研究所
2 「耐風安全性および水害時感電防止を考慮した合理的設計手法の開発」
一般社団法人太陽光発電協会、奥地建産株式会社
3 「太陽光発電システムの災害被害の把握と火災・感電防止技術の開発」
特定非営利活動法人太陽光発電所ネットワーク

【2】使用済み太陽電池モジュールの低コストリユース技術の開発

(太陽光発電リサイクル技術開発プロジェクト(2014~2018年度)の研究開発項目〔5〕として2016~2018年度に実施予定)

太陽光発電の大量導入に伴い、使用済み太陽光発電システムが将来大量に発生することが予想されます。NEDOは低コストのリサイクル処理技術の開発に取り組んできましたが、今回、低コストのリサイクル処理技術に加え、回収、運搬、分別、修復等、使用済み太陽光発電システムの適正処分を実現する技術、使用済みの太陽電池モジュールをリユースするための技術の開発を行います。

採択テーマと委託予定先は、以下の通りです。

1 「On-Siteでのリユースモジュール分別技術の開発」
太陽光発電技術研究組合
2 「使用済み太陽電池モジュールの低コスト修復技術の開発」
ジー・エム・ジーエコエナジー株式会社

なお、NEDOの太陽光発電分野の取り組みについては、6月29日(水)13時~15時40分にパシフィコ横浜で開催される「第11回再生可能エネルギー世界展示会」のNEDOプロジェクトセミナー内(小間番号R-303)で発表します。

2.主な採択テーマ

耐風安全性および水害時感電防止を考慮した合理的設計手法の開発

(一般社団法人太陽光発電協会、奥地建産株式会社)

早急に対応が求められている構造の安全性について、杭の支持力並びに架台の耐風圧性能に関する実証試験等を行い、太陽光発電に係る様々な分野の設計ガイドラインや安全マニュアルをまとめます。

  • 杭の支持力性能試験のイメージ
    杭の支持力性能試験のイメージ
  • 架台の耐風圧性能試験のイメージ
    架台の耐風圧性能試験のイメージ

On-Siteでのリユースモジュール分別技術の開発

(太陽光発電技術研究組合)

太陽光モジュールを解体した現場(On-Site)において短時間で高精度に分別する技術を開発します。具体的には解体現場の気温等さまざまな環境条件下でモジュールを使用状態毎に分別するために、簡便な電気安全性判定技術の開発、出力測定値の基準状態(STC)※1変換技術の開発、バイパスダイオード(BPD)※2の動作検査、EL検査※3等の検査時間短縮技術、不具合品の自動判定技術等を開発します。

今回開発する分別技術等を新品の検品等に使用されている「移動式PVラボ」と呼ばれるトラックに組み入れていくことで、新品検査だけでなくリユースを対象とした現場での低コスト分別を可能とし、運搬、梱包コストの低減、分別処理時間の短縮実現を目指します。

  • 簡便な電気安全性判定技術の開発の図
    簡便な電気安全性判定技術の開発
  • 移動式PVラボの画像
    移動式PVラボ

【用語解説】

※1 基準状態(STC)
太陽電池モジュールの特性を測定する際の基準として使用されるセル温度、分光分布、放射照度の状態。
※2 バイパスダイオード(BPD)
日影等による出力低下を回避するためのダイオード。
※3 EL検査
太陽電池に電気を流すことで微弱に発光する現象を利用して不具合セルを検出する検査。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 新エネルギー部 担当:佐々木、南 TEL:044-520-5277

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、坂本、佐藤、髙津佐 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp