本文へジャンプ

Press Release

新エネルギーベンチャー技術革新事業で4分野・19テーマを採択

―大規模実証研究フェーズを新設、有望技術の実用化を後押し―
2016年7月15日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川 一夫

NEDOは、「新エネルギーベンチャー技術革新事業」でベンチャービジネスの活性化と、新エネルギーの自立的な発展を加速するため、太陽光発電、バイオマス、燃料電池・蓄電池、風力その他未利用エネルギーの4分野・19テーマについて委託・助成先を決定しました。

特に今回からは有望技術の着実な実用化を後押しするために、新たに大規模実証研究フェーズDを創設し、3テーマを採択。このフェーズのテーマについて、NEDOがベンチャー・中小企業と自治体や大企業などの連携も支援して実証を進めます。

  • 「新エネルギーベンチャー技術革新事業」のフェーズ

1.大規模実証研究フェーズDの採択テーマ

分野 採択テーマ 採択予定者
太陽光発電 ジャイロ追尾型太陽光発電の大規模実証開発 株式会社SolarFlame
バイオマス トラップグリースを活用した都市市街地での発電・電力供給実証 株式会社ティービーエム
燃料電池・蓄電池 リチウム二次電池用セパレータの製造技術の確立 株式会社スリーダム

他のフェーズを含む採択テーマ全件については別紙をご覧ください。

【用語解説】

※ フェーズ
技術開発のステップによって以下の4つのフェーズを設け、技術開発支援を行っています。
<フェーズA>
フィージビリティ・スタディ:1年以内/1千万円以内/年(委託:NEDO負担率100%)
<フェーズB>
基盤研究:1年間程度/5千万円以内/年(委託:NEDO負担率100%)
<フェーズC>
実用化研究開発:1年間程度/5千万円以内/年(助成:NEDO助成率2/3以内)
<フェーズD>
大規模実証研究:1~2年程度/7千5百万円以上3億円以内(助成:定額)

2.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO イノベーション推進部 担当:江口、橋本、佐藤 TEL:044-520-5175

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、坂本、佐藤、髙津佐 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp

資料

Adobe Readerを入手する