本文へジャンプ

Press Release

タイ王国でサトウキビの搾りかすから有用物質の製造実証に着手

―日本発の膜分離技術で50%以上の省エネルギー化を目指す―
2016年8月1日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、タイ王国科学技術省国家イノベーション庁(NIA)と共同で、バガスと呼ばれるサトウキビ搾汁後の搾りかすからバイオエタノールや高付加価値品の原材料となる有用物質の製造システム実証事業を開始することに合意し、基本協定書(MOU)を締結しました。日本が開発した高分子膜技術を用いることで、従来の蒸発技術から50%以上の省エネルギー化を実現します。日本の高分子膜技術をタイ王国のバイオマス分野に適用するのは初めての試みです。

この事業では、年間のセルロース糖製造能力1,400トン(バイオエタノール換算700kL)を有するパイロットプラントで有効性を実証します。これにより、エネルギー源の多様化や未利用資源の有効利用、省エネルギー化を目指し、タイ王国全土、さらにはサトウキビの栽培を行っているASEAN諸国への普及を目指します。

  • バガスから有用物質(セルロース糖やオリゴ糖、ポリフェノール)を製造する工程フローの図
    バガスから有用物質(セルロース糖やオリゴ糖、ポリフェノール)を製造する工程フロー

  • 事業名: 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業
  • 事業期間: 2016年度~2022年度(予定)
  • 施設規模: 処理能力5,000トン/年(乾燥バガスとして)
  • セルロース糖生産規模: 1,400トン/年(バイオエタノール700kL/年相当)
  • 委託予定先: 東レ株式会社、三井製糖株式会社、三井物産株式会社

1.概要

タイ王国の電源構成は主に国内で産出する天然ガスに依存していますが、生産量は間もなくピークに達し減少していくと予想され、今後の経済発展に伴うエネルギー需要の増加に応えるためには、エネルギー源の多様化や省エネルギーの推進が必要とされています。

こうした背景の下、NEDOは世界有数のサトウキビ産出国の同国において、バガスと呼ばれるサトウキビ搾汁後の搾りかすの利用に着目しました。バガスは食用に出来ない農業廃棄物であり、トウモロコシなどの穀物を原料とするバイオエタノールとは異なり、食糧用途と燃料用途の競合が起きません。また、現在、サトウキビ製糖工場内で大量に排出されるバガスの一部は発電用に燃やされていますが、ほとんどは未利用のまま集積していて、利用が容易です。

この事業では、サトウキビ製糖工場における余剰バガスを原材料に、1,400トン/年のセルロース糖製造能力(バイオエタノール換算700kL/年)を持つ準商用規模のパイロットプラントで日本の優れた高分子膜を利用することによって、従来の糖液の蒸発濃縮法から省エネルギー効果50%向上を目指して本システムの有効性を実証します。このシステムによって、バガスからバイオエタノールや高付加価値品の原材料となる有用物質(セルロース糖やオリゴ糖、ポリフェノール)を効率よく製造することが可能であり、小規模でも高い経済性が期待できます。この事業を通じて、食糧と競合しない余剰バガスの有効利用を実証し、同国におけるバイオエタノール増産や未利用資源の有効利用に貢献します。

なお、この事業の成果を用いて、同国において排出される余剰バガスの総量である800万トン/年(2015年実績、乾燥重量)をバイオエタノールに変換した場合、112万kL/年(3,070kL/日)の製造が可能となり、同国が掲げる2036年のバイオエタノール消費目標11,300kL/日(2011年時の製造能力:1,300kL/日)の達成に資するものと考えられます。

2.今後の予定

この事業では、2022年9月までに実証試験によるデータの評価・検証を行う予定です。事業終了後は、バガスを排出する事業者に対して事業成果を活用した有用物質の製造工場の建設・稼動を指導し、まずは商用規模プラント1号機竣工を目指します。また、タイ王国におけるこの事業の共同実施者と協力して、高分子膜利用技術による有用物質製造技術の教育セミナーやPR活動によるフォローアップを行う予定です。

これにより、サトウキビ主産地である同国東北部・東部地域への技術普及を目指し、さらには同国と関係の深いASEAN諸国への展開を図ります。

【用語解説】

※ 従来の糖液の蒸発濃縮法
糖液に含まれる水分を熱により蒸発させ濃縮する方法で、多量のエネルギーを必要とします。この実証システムでは、熱を用いず、高分子膜技術を用いて濃縮を行うため、エネルギー消費を削減できます。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 材料・ナノテクノロジー部 担当:河中 TEL:044-520-5220
NEDO 国際部 担当:檜垣(徹)、浅井 TEL:044-520-5190

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、坂本、佐藤、髙津佐 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp