本文へジャンプ

Press Release

ドイツ政府と国際研究開発の相互協力に関する共同声明に調印

―日独企業間の国際研究開発を支援へ―
2017年3月21日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川 一夫

NEDO、経済産業省およびドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi)の3者は3月19日、日独両国の産業競争力強化および国際化促進のための「研究・開発及びイノベーションに関わる相互協力に係る共同声明」に調印しました。

今後、企業間の国際研究開発を支援していくことで、日独企業間のオープン・イノベーションを促進し、産業競争力強化を加速させていきます。

1.概要

ドイツは、世界有数の経済大国であるとともに、伝統的な先進工業国であり、強い産業基盤を有しています。特に、昨今では、「インダストリー4.0」や「IoT(Internet of Things)」の概念を打ち出して世界をリードしており、日本にとって研究開発・産業政策上の重要な協力相手国です。

NEDO、経済産業省およびドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi)の3者は、両国の産業競争力強化および国際化促進のための「研究・開発及びイノベーションに関わる相互協力に係る共同声明」に調印しました。

本共同声明の調印は3月19日、ドイツのハノーバーで開催の「国際情報通信技術見本市(CeBIT2017)」の会場内において、NEDO 古川理事長、経済産業省 世耕大臣、ドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi)Zypries大臣の3者間で行われました。本共同声明は、日独両国の共同研究開発プロジェクトが、両国の産業競争力強化および国際化促進にとって重要であるとの認識のもと、両国が「コファンド形式」にて、企業間の国際研究開発を支援していくことに合意したものです。

今後、企業間の国際研究開発を支援していくことで、日独企業間のオープン・イノベーションを促進し、産業競争力強化を加速させていきます。

2.今後の予定

NEDOは、企業間の国際研究開発を促進する「国際研究開発/コファンド事業」において、新たにドイツを対象国に加えて、事業を実施する予定です。なお、本事業の公募予告を3月21日にNEDOのWEBサイトに掲載しました。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 国際部 担当:宮尾、鈴木、高野 TEL:044-520-5190

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、藤本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp