本文へジャンプ

Press Release

「バリアフリー2017」に出展へ

―福祉用具開発に関するNEDOの取り組みを紹介―
2017年4月7日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川 一夫

NEDOは、4月20日から22日まで、インテックス大阪で開催される「バリアフリー2017」に出展します。福祉用具開発に関するNEDOの取り組みを紹介するとともに、NEDO事業の開発成果のうち、近年製品化に成功した福祉用具を中心に6点を展示、紹介します。

1.概要

日本では高齢社会の急速な進展に伴い、日常生活に支障がある高齢者や心身障がい者の自立を促進するとともに介護者の負担軽減を実現する福祉用具の開発が求められています。NEDOは、高齢者・心身障がい者や介護者の生活の質の向上を目的として、1993年から福祉用具の実用化開発を支援し、これまで220件以上の開発助成を行ってきました。

今般、福祉用具開発におけるNEDOの取り組みを広く紹介するため、西日本最大級の介護・福祉の総合展示会「バリアフリー2017」に出展します。

NEDOブースでは、下肢装具、パーソナルケア関連用具、移動・移乗補助機器、コミュニケーション機器など、製品化に成功した用具や、近々製品化予定の用具等、優れた技術と創意工夫のある福祉用具6点を展示、紹介します。実際の製品を見て、手に取って、使用体験をすることができるので、他の製品との違いや使い心地の良さを確かめることができます。

2.「バリアフリー2017」開催概要

名称: 
バリアフリー2017(第23回 高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展)
会期: 
2017年4月20日(木)~4月22日(土) 10時00分~17時00分
会場: 
インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)
NEDOブース:4-211   
入場料: 
無料(事前登録制)

3.NEDOブースの展示内容 

企業名 展示品
株式会社アートプラン

自立支援型 移乗介助ロボット 「愛移乗くんII」

愛移乗くんIIの写真 より重度な方の移乗動作を可能とする移乗介助ロボット「愛移乗くんII」を出展。
有限会社エヌ・エム・シィー

聞こえない人と聞こえる人がコミュニケーションを図るアプリ 「ろう者のことば」

         アプリ画面の写真
  • ・手話・文字・イラストボードに対応
  • ・多数の話し相手が見える        
川村義肢株式会社

歩容評価機能を有する片麻痺者の為の短下肢装具
「ゲイトソリューションデザイン」

 ゲイトソリューションデザインの写真
  • ・装具をつけて靴が履ける       
  • ・リハビリ効果の向上
有限会社さいとう工房

マルチモータ駆動輪搭載・就労支援型6輪電動車椅子 「レル・シリーズ」

電動車椅子の写真
  • ・旋回直径96cmと従来に無い小回り性能
  • ・リフト機能を加え、テーブルの高さに合わせることができ、洗面・トイレも楽になります。
株式会社スミロン

病院や施設でおむつ交換時の臭気・感染対策をするためのおむつ密封パック
「エコムシュウ」

 エコムシュウの写真
  • ・臭いや菌を丸ごとパック       
  • ・施設の職場環境・療養環境を改善する使用済みおむつ密封パックシステム
株式会社ナノプラネット研究所

マイクロバブルの血流促進を活用した入浴装置
「生活リビング型介護足浴装置」

 生活リビング型介護足浴装置の写真
  • ・車椅子に乗ったままマイクロバブル足浴が可能     
  • ・超微細気泡のノズルを効果的に配置

展示物の詳細については、NEDO WEBサイトのイベントページをご参照ください。

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 関西支部 担当:関、阪井 TEL:06-6341-5403

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、髙津佐、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp