本文へジャンプ

Press Release

新川崎・創造のもりで「NEDOソーラーカー工作教室」を開催へ

―エネルギー・環境の大切さを子どもたちへ―
2017年8月17日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川 一夫

NEDOは、9月2日に新川崎・創造のもりで行われる「科学とあそぶ幸せな一日」(主催:慶應義塾大学、川崎市、かわさき新産業創造センター)に参加し、「NEDOソーラーカー工作教室」を開催します。

この工作教室では、エネルギーや環境の大切さを子どもたちに理解してもらうことを目的にエネルギーや太陽光発電の仕組みについて授業を行った後、ソーラーカーを作り、実際に外で走らせ、太陽電池の仕組みを身近に感じてもらいます。

  • 授業の様子、及び外でソーラーカーを走らせる子どもたちの写真
    写真 昨年度の「NEDOソーラーカー工作教室」の様子

1.概要

慶應義塾大学、川崎市、公益財団法人川崎市産業振興財団かわさき新産業創造センターが主催する「科学とあそぶ幸せな一日」は、子どもたちの科学・技術やものづくりへの興味・関心を高めるとともに、新川崎・創造のもり地区への地域理解を深めることを目指し開催されており、今年度で9回目を迎えます。

NEDOは、子どもたちにエネルギーの大切さを伝えていくことを目的に、2011年度から宮城県や福島県など被災地の小学校で「太陽電池工作教室」を開催してきました。また、NEDOは、2016年6月29日、川崎市と次世代産業の推進に関する協定を締結し、これに基づき川崎市内における環境意識啓発イベント等の開催に、川崎市と連携して取り組んでいます。今回も川崎市との協定をもとにエネルギーや環境の大切さを子どもたちに理解してもらうことを目的に、「NEDOソーラーカー工作教室」を開催します。エネルギーや太陽光発電の仕組みについて授業を行うとともに、ソーラーカーを作り、完成後は実際に外で走らせ、子どもたちに太陽電池の仕組みを身近に感じてもらいます。

2.参加方法

「科学とあそぶ幸せな一日」の「NEDOソーラーカー工作教室」への参加希望者は下記の要領でご参加ください。

時: 
9月2日(土) 【1】午前の部 10時00分~12時00分 【2】午後の部 13時30分~15時30分
集合場所: 
新川崎・創造のもり
かわさき新産業創造センター(KBIC)本館 2階会議室前
参加対象: 
小学生以上
員: 
各回先着10名
参加方法: 
各回、開始30分前に「NEDOソーラーカー工作教室」会場(KBIC本館2階 会議室)前で整理券を配布します。

【用語解説】

※新川崎・創造のもり地区
新川崎・創造のもりは、日本の未来を支える科学・技術や新しい産業を創造する先端研究開発拠点です。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:池田、鈴木(麻)、鈴木(智) TEL:044-520-5152

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:坂本、髙津佐、藤本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp