本文へジャンプ

Press Release

「第44回国際福祉機器展 H.C.R.2017」に出展へ

―障がい者用車椅子生活機能サポート製品、義手など6点を展示―
2017年9月1日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、9月27日から29日まで東京ビッグサイトで開催される「第44回国際福祉機器展 H.C.R.2017」に出展します。

NEDOが1993年から行っている福祉用具の開発助成の成果のうち、特に成果の目覚ましい、障がい者用車椅子生活の質(QOL)向上のための生活機能サポート製品、義手など6点を展示します。また、ブース内では、製品化に成功した企業16社がプレゼンテーションを行います。

1.概要

急速な高齢化が進み福祉ニーズが多様化する中、福祉分野での新産業の創出、福祉用具普及への支援が求められています。NEDOは高齢者・心身障がい者や介護者の生活の質(QOL)の向上を目的として、1993年から福祉用具分野で200件以上の開発助成を行ってきました。

NEDOは、開発助成により研究開発を行った福祉用具と本分野の取組を紹介するため、アジア最大級の福祉用具の展示会である「第44回国際福祉機器展 H.C.R.2017」に出展します。展示ブースでは障がい者用車椅子QOL向上のための生活機能サポート製品、義手など6点を展示し、実際の製品に触れることもできます。また、ブース内では、製品化に成功した企業16社がQOLの改善を目指した成果の内容についてプレゼンテーションを行います。

2.展示物とプレゼンテーションの内容

<NEDO ブースの展示物(6点)> ※左:事業者名 中:開発品と名称 右:概要

株式会QDレーザ

網膜走査型レーザアイウェア
ロービジョン(社会的弱視)と呼ばれる全盲ではない視覚障がい者に対する視覚支援を目的として「網膜走査型レーザアイウェア」を開発しました。
株式会社エンファシス

アイスイッチ
ALS(筋萎縮性側索硬化症)など四肢の不自由な方が、視線や目・瞼の動きで外部機器を操作できる新たな入力スイッチ「アイスイッチ」を開発しました。
株式会社邦友
立ち助
介護現場では、介助者の3人に1人が深刻な腰痛に悩んでいます。
「抱え上げない」介護で腰痛を防ごうという思いから、これまでにない全く新しい発想で、国内初の携帯型移乗補助装置「立ち助」を開発しました。
 
ダイヤ工業株式会社
Finch
軽量、低コストでシンプルな構造でありながらも高い機能と操作性を実現する対向3指の電動義手「Finch」を開発しました。
トリプル・ダブリュー・
ジャパン株式会社

DFree
高齢者は様々な要因により日常的に排泄の不安を抱えて生活しています。自立排泄をサポートするために、適切なタイミングのトイレ誘導を実現する「DFree」を開発しました。
有限会社さいとう工房

電動車椅子レルシリーズ
障がい者の可能性を引き出す多機能型電動車椅子「電動車椅子レルシリーズ」を開発しました。 6輪と多機能により、車椅子のまま高いところのものを取ったり、デスクに高さを合わせたりするなど、日常生活を格段に広げることができます。
※”レル”とは、諦めていたことが「やレル」、叶わなかったことが「叶えらレル」等、可能性が広がる象徴としてのネーミングです。

<プレゼンテーション(16件)> ※予告なくスケジュールが変更となる場合があります。各20分。

テーマ内容 企業名 発表日
日本初の「ICタグ付き点字ブロック」によることばの道案内システム エル・エス・アイ ジャパン
株式会社

29日12時00分~
29日14時40分~

視線や目・瞼の動きによる操作支援スイッチ
「eyeSwitch(アイスイッチ)」
株式会社エンファシス

27日13時20分~
28日11時20分~
29日11時20分~

みんなと同じものを使う ~これは機械ではなく機会です~ 有限会社オフィス結アジア

27日11時40分~

27日15時40分~
もう一つの身体、分身ロボットによる社会参加による可能性 株式会社オリィ研究所 28日13時20分~
レーザ網膜投影技術:医療・福祉応用からスマートグラスまで 株式会社QDレーザ

27日12時00分~
28日15時40分~

29日15時00分~
白杖の役割と軽量・耐衝撃性のある革新的白杖の開発について 株式会社KOSUGE 28日11時40分~
6輪構造と多機能により、日常生活や就労の幅を広げる
電動車椅子開発
有限会社さいとう工房

27日15時20分~
28日11時00分~

29日13時00分~
視覚障害者向け日常生活支援用具 「言う吉くん Wallet」
お札の券種・電子マネーカードの残高を通知する便利グッズの紹介
株式会社システムイオ

27日11時20分~

29日14時20分~
機能性とデザイン性を両立する軽量・安価な電動ハンド"Finch" ダイヤ工業株式会社

27日14時40分~
28日14時40分~

29日14時00分~
読み上げホームアプリの開発と統一英語点字変換システムの開発 テクノツール株式会社 27日14時00分~
世界初!排泄予知ウェアラブル「DFree」の活用による
排泄ケア業務の改善と利用者のQOL向上
トリプル・ダブリュー・ジャパン
株式会社

27日13時40分~
28日12時00分~

29日15時20分~
準天頂衛星「みちびき」を利用した歩行補助システム 株式会社ニュージャパンナレッジ 29日11時00分~
リハビリテーション用ロボット下肢装具MR-AFOの紹介 橋本義肢製作株式会社

27日15時00分~

28日14時00分~
視覚障がい者のための音楽ソフト「ビースコアX」とユーザの世界 Be-MUSIC(ビー・ミュージック)

27日14時20分~
28日14時20分~

29日13時40分~
高機能性シニア下着「やわKOROMO」&高性能失禁サポーター
「やわSAPO」開発ストーリー
株式会社プリムラモデスタ

28日15時20分~

29日11時40分~
音声認識コミュニケーションロボット(Chapit)の活用方法 株式会社レイトロン

27日11時00分~
28日15時00分~

29日13時20分~
(企業名五十音順)

3.「第44回国際福祉機器展 H.C.R.2017」の開催概要

会期: 
2017年9月27日(水)~9月29日(金)
会場: 
東京ビッグサイト東展示ホール
NEDOブース 小間番号5-09-06
入場料: 
無料(事前登録制)

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO イノベーション推進部 担当:三橋、酒井、浅野、中村(均) TEL:044-520-5175
E-mail:fukushi@nedo.go.jp

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、髙津佐、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp