本文へジャンプ

Press Release

ロシア極東における風力発電システムの本格導入に向けた取組を実現

―東方経済フォーラムでロシアと新たな意向表明書に署名―
2017年9月8日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川 一夫

NEDOは、ロシアのカムチャツカ地方で風力発電システムの実証を実施し、普及に向けた取組を進めてきましたが、「東方経済フォーラム」において、民間企業による同システムの導入に向けた基本協定書2件の締結を実現させたことで、ロシア極東における風力発電システムの本格導入への道筋をつけました。

さらにNEDOは、ロシアのサハ共和国政府とルスギドロ社との間で、より寒冷な地域である同国ティクシ市において、風力発電システムのさらなる活用に向けたエネルギーマネジメントシステムの実証に関する意向表明書に署名しました。

今後、日露企業間で具体的検討が進展し、同システムの本格導入が早期に実現することが期待できます。また、サハ共和国ティクシ市での実証では、意向表明書の下で実証前調査に取り組み、実証事業の早期実現を目指します。

  • 風力発電装置としての風車の写真
    図1 ロシアのカムチャツカ地方で実証を進めてきた風力発電システム

1.概要

ロシア極東地域※1では、ディーゼル発電機に依存する独立電力系統※2が多数存在していますが、エネルギーコストの削減が大きな課題となっています。風力発電システムは、エネルギー供給源の多様化につながるだけでなく、エネルギーコストの引き下げにつながる有望技術であるものの、天候によって出力に変動が生じます。

NEDOは、2014年11月18日に、ロシアのカムチャツカ地方政府および公開株式会社ルスギドロ※3(以下「ルスギドロ社」という。)傘下のRAOエネルギーシステムヴォストーク社との間で基本協定書(MOU)を締結し、(株)駒井ハルテック、富士電機(株)、三井物産(株)を委託先として選定して、カムチャツカ地方ウスチ・カムチャツク市において、300kWの風力発電機3基と系統安定化システムから構成される風力発電システムの実証事業を行いました。実証運転は2016年1月から10月まで行い、結果、ウスチ・カムチャツク市での風力発電システムによるディーゼル燃料の削減量は年間約400トンと試算※4されました。その後、成果の共有を目的としたワークショップの開催や、風力発電システムのオペレータの育成のための技術講習を行うなど、普及に向けた取組を進めてきました。

今般、NEDOは、ロシアのウラジオストクで開催された「東方経済フォーラム」において、NEDOがカムチャツカ地方で実施した風力発電システムの実証事業の成果を踏まえ、日本企業とロシア地方政府およびルスギドロ社との間で、風力発電システムの導入の具体化に合意した覚書2件の締結を実現させたことで、ロシア極東における風力発電システムの本格導入への道筋をつけました。

さらにNEDOは、より寒冷な地域として、サハ共和国ティクシ市を対象に、風力発電システムのさらなる活用のために、エネルギーマネジメント技術の確立に向けて、サハ共和国およびルスギドロ社との間で、実証前調査の協力に関する意向表明書に署名しました。

今後、両国の関係企業・自治体との間で、同システムの導入に向けた具体的検討が進展することで、本格導入に弾みがつくとともに、サハ共和国ティクシ市との間では、意向表明書に基づいて実証事業の基本的なシステム構成やスケジュールを共有することで、実証事業の早期実現を目指します。

これらの全てのプロジェクトが具体化すると、カムチャツカ地方で行った実証事業の成果も含め、ロシア極東において、3MW以上の風車が導入されることとなり、ディーゼル燃料の削減量は年間1,300トン以上となることが期待※5されます。

2.内容

(1)風力発電システムのさらなる導入に向けた取組

NEDOが実施したカムチャツカ地方での風力発電システムの実証事業では、風力発電機の寒冷地対策技術および独立電力系統における系統安定化技術を確立しました。この成果を踏まえ、三井物産(株)、(株)駒井ハルテック、ルスギドロ社は、(ⅰ)カムチャツカ地方、(ⅱ)チュコト自治管区ラブレンチア村において、風力発電システムの導入の具体化に向け、各地方政府も交え、9月7日に2件の覚書に署名しました。

○ウスチ・カムチャツク市拡張案件についての覚書

  • 三井物産(株) 執行役員プロジェクト本部長 米谷佳夫
  • (株)駒井ハルテック 代表取締役社長 田中進
  • カムチャツカ地方政府 知事 V.I.イリューイン
  • ルスギドロ社 役員会議長兼総裁 ニコライ・シュルギノフ

○チュコト自治管区ラブレンチア村風力案件についての覚書

  • 三井物産(株) 執行役員プロジェクト本部長 米谷佳夫
  • (株)駒井ハルテック 代表取締役社長 田中進
  • チュコト自治管区政府 コーピン知事
  • ルスギドロ社 役員会議長兼総裁 ニコライ・シュルギノフ

(2)サハ共和国における風力発電システムを含むエネルギーインフラ実証に関する意向表明書

サハ共和国は、ロシア極東の中でも特に寒冷な地域にあるとともに、ディーゼル発電機の老朽化が進んでおり、エネルギーの安定的供給に支障をきたしかねない状況となっています。

そこで、ディーゼル発電機の更新の機に、既存の発電設備に風力発電機およびディーゼル発電機、そして蓄電池を組み合わせたエネルギーマネジメントシステムを導入し、系統の安定化や極寒冷地におけるエネルギー最適制御に関する技術が実証されれば、当該地域が抱える問題解決に大きく貢献できます。

NEDOは、2016年12月16日に、日露首脳会談に合わせ、ロシアのサハ共和国政府およびルスギドロ社との間で、サハ共和国を対象とした新たな実証事業を検討することも視野に入れ、技術課題の特定や評価を進めるための情報交換等の協力を加速する意向表明書に署名しました。その後の情報交換等を経て、2017年8月28日に、本事業に係る実証前調査の委託予定先として、三井物産(株)、(株)東光高岳、(株)駒井ハルテックを選定いたしました。

その上で今般、NEDOはロシアのサハ共和国政府とルスギドロ社との間で、サハ共和国ティクシ市を対象とした実証前調査の円滑な実施に向け、実証事業の基本的なシステム構成やスケジュールを共有することで一致し、実証前調査の協力に関する意向表明書に9月6日に署名しました。

今後、実証前調査を通じ、実証事業の基本的要件を確定し、外部有識者による評価を経た上で、サハ共和国政府とルスギドロ社との間で協力覚書を別途締結し、実証事業を開始する予定です。

なお、本件は、日露首脳会談で議論されている8項目の協力プランのうち「4.石油、ガス等のエネルギー開発協力、生産能力の拡充」に基づくものです。

○風力発電システムを含むエネルギーインフラ実証に関する意向表明書

  • NEDO 理事長 古川一夫
  • サハ共和国政府 首長 エゴール・ボリソフ
  • ルスギドロ社 役員会議長兼総裁 ニコライ・シュルギノフ

  • サハ共和国エネルギーインフラ実証イメージ
    図2 サハ共和国における風力発電システムを含むエネルギーインフラ実証のイメージ
  • 風力発電システム導入・実証予定地を示す地図
    図3 風力発電システムの導入・実証予定地

3.署名式

ロシアのウラジオストクで開催された「東方経済フォーラム」において、9月6日と7日、ロシア極東風力発電システム文書署名式が行われました。

署名式では、NEDO、サハ共和国、ルスギドロ社との間で、風力発電システムを含むエネルギーインフラ実証に関する意向表明書に係る署名が行われました。さらに、日本企業とロシア側関係者との間で、2件の覚書に関する署名が行われ、NEDO古川理事長と渡邉理事が本署名に立ち会いました。

【用語解説】

※1 ロシア極東地域
ロシア極東連邦管区に属する地域であり、沿海地方、ハバロフスク地方、サハ共和国、アムール州、サハリン州、カムチャツカ地方、ユダヤ自治州、マガダン州、チュコト自治管区から構成。
※2 独立電力系統
独立電力系統とは大規模な電力系統とはつながっていない系統のこと。
※3 公開株式会社ルスギドロ
ロシア政府が株式の60.6%を所有するロシア最大規模の国営発電事業者。発電容量は38.9GW。
※4 年間約400トンと試算
ウスチ・カムチャツク市での風力発電システムによるディーゼル燃料の削減率としては約8%に相当。
※5 年間1,300トン以上となることが期待
カムチャツカ地方で行った実証事業の成果から試算。

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO スマートコミュニティ部 担当:金子、赤岩、本間 TEL:044-520-5269

NEDO 国際部 担当:酒井、幸本、柳生 TEL:044-520-5190

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、藤本、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp