本文へジャンプ

Press Release

ロシアのブリヤート共和国と意向表明書に署名

―廃棄物処理技術の普及拡大のための協力促進を目指す―
2017年9月8日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは9月6日、「東方経済フォーラム」においてロシアのブリヤート共和国との間で、先進的環境適合廃棄物処理システムにおける協力の促進に関する意向表明書に署名しました。

この意向表明書では、同国において日本の優れた廃棄物処理技術の普及拡大のため、NEDOが現在実施している基礎調査を完了するために必要となる事項を確認し、さらなる協力の促進を行うことで一致しました。

1.概要

ロシアでは、近年の著しい経済発展により、廃棄物の埋め立て処理に伴う環境負荷の軽減が大きな社会的課題となっており、廃棄物処理関係の法整備が行われるとともに、環境問題を起こさずに適切に廃棄物を処理する廃棄物処理システムの導入が求められているところです。

NEDOは、2016年9月2日に、ロシア連邦技術発展庁(ATD)との間で、情報交換に関する協力覚書を締結し、日本の優れた先進的な技術を活用したロシアの課題解決に向け、議論を行ってきました。

その後、2016年12月16日に、日露首脳会談に合わせ、ロシアのブリヤート共和国政府と日本の優れた廃棄物処理技術の普及拡大を目指した情報交換のための意向表明書に署名し、また、2017年4月17日、基礎調査に必要な情報収集を効果的に進めるため、新たな意向表明書に署名しています。

今般、これらの意向表明書を踏まえ、NEDOが実施する先進的環境適合廃棄物処理システムの基礎調査を完了するために必要な事項を確認し、さらなる協力の促進を目的とする意向表明書に9月6日に署名しました。

なお、本件は、日露首脳会談で議論されている8項目の協力プランのうち「2.快適・清潔で、住みやすく、活動しやすい都市作り」に沿って、経済産業省の予算制度の下で実施するものです。

2.意向表明書の署名

ロシアのウラジオストクで開催された「東方経済フォーラム」において、NEDO渡邉理事、ブリヤート共和国政府サフィヤノフ天然資源・環境暫定大臣が意向表明書に署名しました。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 環境部 担当:佐野、石井、鈴木 TEL:044-520-5251­

NEDO 国際部 担当:矢島、柳生 TEL:044-520-5190­

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、藤本、坂本 TEL:044-520-5151­ E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp