本文へジャンプ

Press Release

SNSを活用して業務マニュアルを更新する方法を開発

―介護現場の業務効率化を目指し、協力事業所を募集開始―
2017年9月6日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
国立研究開発法人産業技術総合研究所

NEDOと産業技術総合研究所は、SNSを活用して業務マニュアルを更新する方法を開発しました。従業員が介護現場で得た気づきをSNSで集約し、知識工学的に構造化することで、業務マニュアルに付加することができます。更新の煩雑さや、読み手が記載事項の背景まで理解しにくいことなど、マニュアル整備の課題を解決します。

本日より、本方法の実証を行う協力事業所の募集を開始します。現場に即したマニュアルの構築や、業務効率化やリスク低減などの業務の質の向上ができているかを検証します。

1.概要

高齢化により介護ニーズが増大するなかで、人材不足の問題もあり、業務の効率化が必要とされています。介護現場では効率化に加えて、事故等のリスク低減やチームワーク強化、人材育成の観点から、マニュアル整備が進められています。しかし、定期的に更新することの煩わしさや、読み手が記載事項の背景まで理解しにくいこと、業務の場合分けに従って分量が膨大になってしまうことなど、マニュアル化にも課題があります。

そこで、NEDOと国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)はこれらの課題を解決するために知識工学の技術により、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のメッセージ共有を活用して業務マニュアルを更新する方法を開発しました(NEDO「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」(2015~2019年度))。この方法を介護現場で利用実証するために、本日より、協力事業所の募集を開始しました。現場に即したマニュアルの構築や、業務効率化やリスク低減などの業務の質の向上ができているかを検証します。

なお、今回の発表内容は、2017年9月9日、10日の両日、石川県立音楽堂(金沢市)などで開催される「第59回全日本病院学会 in 石川」で展示する予定です。

  • 介護現場の状況に合わせた構造化マニュアルを現場が主導して構築するイメージ図
    図1 介護現場の状況に合わせた構造化マニュアルを現場が主導して構築

2.開発した方法の詳細

(1)構造化マニュアル構築法の開発

まず、知識発現支援※1という知識工学の技術を用いて、介護の教科書やこれまで産総研が蓄積してきたデータ等に基づき、どの現場でも共通的に頻出する行為をまとめ(表1)、基本構造化マニュアル※2を構築しました。

このマニュアルは文章による手順書ではなく、オントロジー※3による目的指向で構造化された記述となっています(図2)。文章とは異なり、読み手による解釈の差異が生じにくく、また記載事項の背景まで理解しやすい記述法となります。

表1 基本構造化マニュアルに含まれる介護業務の概要

介護業務の種類 排泄介助 入浴介助 移乗解除 移動介助 更衣介助 体位変換 口腔ケア 食事介助
行為数 277 253 247 236 226 197 170 140

  • 基本構造化マニュアルを記述した図(食事介助の例。一部分を紹介。)
    図2 基本構造化マニュアル記述(食事介助の例。一部分を紹介。)

(2)SNSを用いたマニュアル素材の収集

従業員間の情報共有、入居者に関する情報共有およびそれらを検索する機能を有するビジネスSNS、「DANCE3※4」を開発しました。従業員が「DANCE3」を日常の業務連絡などに使用することで、自然に構造化マニュアルの構築に必要な情報を収集することができます。図3に「DANCE3」を用いた構造化マニュアル編集の大まかな流れを示します。

  • 「DANCE3」によるマニュアルをカスタマイズするための素材の収集の例を表した図
    図3 「DANCE3」によるマニュアルをカスタマイズするための素材の収集例

(3)現場固有の構造化マニュアルの構築と更新

(1)で一般的な知見を基に開発した基本構造化マニュアルに対して、(2)で得た現場の気づきや情報を付加することで、現場固有の構造化マニュアルを整備することができます。

  • 構造化マニュアル更新の概要を表した図
    図4 構造化マニュアル更新の概要

以上(1)~(3)の活動において、介護分野のオントロジーを構築しその記法に則って、行為に関する知識を目的指向で整理し、要素を図形化して表現すること等は、人工知能の一分野である「知識工学」の研究と位置づけられます。

なお、本方法の開発において応用されている知識発現(気づきを含むマニュアル素材を従業員が記述し、そこに含まれる業務知識を構造的に表現することで、構造化マニュアルとして構築・更新する方法)のベース理論の構築については、産総研が、独立行政法人日本学術振興会科学研究費助成事業16K16160「現場事例と規範知識を組み合わせた業務プロセス知識の獲得に関する研究」の支援を受けた成果によるものです。

3.協力先の募集について

期間:
2018年3月末まで
応募方法:
産総研の人工知能研究センターのホームページに本日より掲載されます。
募集方法:
表2の種別の事業所に協力を募集予定。
実施内容:
 
(1)各現場での構造化マニュアル作成チームの結成
事前に、現場の構造化マニュアル作成チーム(現場の業務を良く知っている従業員で構成され、現場固有の構造化マニュアルを構築するための情報収集と基本構造化マニュアルの編集を行うチーム)を構築。
(2)申し込み
上記、産総研の人工知能研究センターのホームページから本日より申し込み。
(3)情報共有ツール「DANCE3システム」の無償提供
現場の構造化マニュアル作成チームと産総研との情報共有のために、情報共有ツール「DANCE3システム」に無料でアクセスできる環境を産総研から提供。
(4)基本構造化マニュアルと構造化マニュアル構築法の提供
「DANCE3システム」を用いて、産総研から、介護業務の基本構造化マニュアルと構造化マニュアル構築法を提供。
(5)現場の構造化マニュアル作成チームにて追加情報収集・構造化マニュアルの更新
各事業所の構造化マニュアル作成チームは、業務の中での気づきや暗黙知、ノウハウや事例を「DANCE3」の入力画面へ記入するとともに、構造化マニュアル構築法に従ってマニュアルの更新を行う。
(6)更新した構造化マニュアルの共有
構造化マニュアル作成チームは、「DANCE3」を用いて、更新内容を産総研と共有。
(7)産総研から構造化マニュアル構築に関する助言
産総研は、「DANCE3」を用いて構造化方法に関する助言を実施。

  • 今回募集する協力介護事業所の構造化マニュアル構築の手順を表した図
    図5 今回募集する協力介護事業所の構造化マニュアル構築の手順

注意事項:

  • (1)事業所とは、表1に示す5種類の介護サービス提供者を指し、サービス毎に事業所数の上限を定めます。また、同サービス提供者であってもより細かいユニット等毎に固有マニュアルを構築する際には、それぞれを1事業所とカウントします。
  • (2)個人情報を入力しないよう注意を促します。また、試験中に生成したマニュアルは、事業所や個人が特定できない形で、今後の研究に利用します。

表2 協力を募集する介護事業所の種別

提供する介護サービス 協力事業所数の上限
特別養護老人ホーム 30
介護老人保健施設 20
グループホーム 20
特定施設入居者生活介護 20
地域包括支援センター等 10
  • 介護付き有料老人ホーム、指定を受けたサービス付き高齢者向け住宅を指す。

【用語解説】

※1 知識発現支援
共通知識をもとに、各現場で固有の知識を構造化して記述させるための知識構築方法論。気づきを含むマニュアル素材を従業員が記述し、そこに含まれる業務知識を構造的に表現することを容易に可能とするための活動。
※2 基本構造化マニュアル
教科書やこれまで産総研が蓄積してきたデータ等に基づき、どの現場でも共通的に頻出する行為をまとめ、現場の構造化マニュアルを構築する基となるよう作成されたもの。
※3 オントロジー
知的な情報システムを動作させるために必要となる知識を構築する際に、知識構築者がモデリング対象とする世界をどのように眺めたかの視点、およびそれらを共有するための表現方法。
※4 DANCE3
介護業務における従業員間の情報共有機能、入居者に関する情報を構造化して収集・共有する機能、及びそれらを検索する機能を有するビジネスSNS (Social Networking Service)。
DANCE : Dynamic Action and kNowledge assistant for Collaborative sErvice fields の略

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO ロボット・AI部 担当:吉野、森村、野中 TEL:044-520-5241­

産総研 人工知能研究センター サービスインテリジェンス研究チーム
担当:福田、西村 E-mail:sirt-press-ml@aist.go.jp

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、髙津佐、坂本 TEL:044-520-5151­ E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp