本文へジャンプ

Press Release

NEDOプロジェクトの成果がレアメタルリサイクル賞を受賞

―レアメタルリサイクルの早期実現に貢献―
2017年10月20日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川 一夫

NEDOプロジェクトの成果が、(一社)産業環境管理協会が主催する平成29年度資源循環技術・システム表彰の「レアメタルリサイクル賞」を受賞しました。

タングステン含有スクラップのリサイクル処理量の向上が期待されるとともに、経済的な資源循環システムの実現に寄与する優れた取り組みであることが評価されたものです。

1.概要

これまでNEDOでは、レアメタルの安定調達確保に資する対策として、レアメタル(レアアース17元素を含む)31種類に係る代替技術、使用量削減、リサイクル等の技術の実用化を加速するために「希少金属代替・削減技術実用化開発助成事業」を実施してきました。

今般、当該NEDO事業において実施した「タングステン含有スクラップのリサイクル技術開発」の成果が、一般社団法人産業環境管理協会が主催する平成29年度資源循環技術・システム表彰の「レアメタルリサイクル賞」を受賞しました。

受賞技術は、従来処理できなかった大型のスクラップ塊の処理や油分・水分を含むスラッジ等の酸化焙焼処理を可能とすることで、タングステンをリサイクルする技術を実現し、経済的な資源循環システムの構築に寄与する優れた取り組みであることが評価されたものです。

資源循環技術・システム表彰は、(一社)産業環境管理協会が、経済産業省の後援を受けて、廃棄物の発生抑制、再使用、再資源化に資する優れた事業や取り組みの奨励・普及を図ることを目的として設けられた表彰制度です。その中の「レアメタルリサイクル賞」は、リサイクルの早期実現が期待されている鉱種(タングステン、ネオジム、ジスプロシウム等)に関して、経済的な資源循環システムの実現に寄与する優れた取り組みを表彰するもので、2013年に新設されました。

表彰式および受賞内容の発表は、10月20日、機械振興会館で行われた(一社)産業環境管理協会 資源・リサイクル促進センター主催の「表彰式・3R先進事例発表会」の中で行われました。

2.受賞内容

【レアメタルリサイクル賞】

  • 受賞案件 : タングステン含有スクラップのリサイクル技術開発
  • 受賞者 : 日本新金属株式会社
  • 関連するNEDO事業 : 「希少金属代替・削減技術実用化開発助成事業/タングステン含有スクラップのリサイクル技術開発」

その他の受賞案件や表彰の詳細につきましては、(一社)産業環境管理協会のホームページに掲載されています。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 環境部 担当:服部(安)、山根 TEL:044-520-5251­

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、藤本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp